出光美術館@東京アート・デザイン検索


下記、アート名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。


インターメディアテク 
インターメディアテク  インターメディアテク  インターメディアテク  パナソニック 汐留ミュージアム | ルオーギャラリー  インターメディアテク 
資生堂ギャラリー  パークホテル東京  出光美術館  インターメディアテク  ギャラリー広田美術 
メゾンエルメス  メゾンエルメス  東京ステーションギャラリー  Akio Nagasawa Gallery  ガーディアン・ガーデン 
GINZA SIX  O ギャラリー  Art Gallery M84  ギャラリー小柳  ATELIER MUJI 
GINZA SIX  un petit Garage  O ギャラリー  ギャラリーゴトウ  KHギャラリー 
ギャラリー現  ギャラリー現  Megumi Ogita Gallery  藍画廊  藍画廊 
ポーラ ミュージアム アネックス  リコーイメージングスクエア銀座8F A.W.P ギャラリーゾーン  和光ホール  Gallery 58  ガレリア・グラフィカ 
ギャルリーためなが  GINZA SIX  たけだ美術  ART FOR THOUGHT  K's Gallery 
K's Gallery  シルクランド画廊  K's Gallery  K's Gallery  インターメディアテク 
東京画廊+BTAP  第一生命ギャラリー  O ギャラリー  ガーディアン・ガーデン  ギャラリーQ 
松屋銀座  兜屋画廊  青木画廊  ギャルリーヴィヴァン  森岡書店 
Gallery 58  GALLERY ART POINT  GALLERY ART POINT  ギャラリーQ  クリエイションギャラリーG8 
十一月画廊  松屋銀座  松屋銀座  ギンザ・グラフィック・ギャラリー  タチカワブラインド銀座スペース オッテ 
キヤノンギャラリー 銀座  銀座ニコンサロン(ニコンプラザ内)  日動画廊  シロタ画廊  靖山画廊 




イベント名「茶の湯のうつわ - 和漢の世界」
概要茶の湯の風習が武家のみならず公家や豪商、町衆にまで広がった江戸時代。それまでのわび茶の伝統を受け継ぐ楽茶碗に加え、唐津焼や萩焼など、地域ごとに特徴的なうつわがさかんに作られるようになりました。さらに、中国から輸入された「唐物」や朝鮮半島からの「高麗物」、安南(ベトナム)産のものなど、多様なうつわも用いられました。本展では江戸時代に幅広く展開した茶の湯のうつわを中心に、特集展示として出雲松平家の茶の湯に関する道具帳『雲州蔵帳』も取り上げ、江戸時代の茶人の美意識を紹介します。
場所名出光美術館
場所の種類美術館
住所〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9階
電話03-5777-8600
FAX
アクセス有楽町駅国際フォーラム口より徒歩5分、日比谷駅帝劇方面出口より徒歩5分
料金一般 1000円、大学生・高校生 700円、中学生以下 無料(ただし保護者の同伴が必要です)
イベント開始日2017-04-15
イベント終了日2017-06-04



東京アートビートWebAPIを利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図 世界の観光地検索 ペット泊まれる宿・ホテル検索 奈良の世界遺産 沖縄の世界遺産