東京アート・デザイン検索


下記、アート名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。


東京国立近代美術館フィルムセンター 
LIXIL ギャラリー1 & 2  LIXIL ギャラリー1 & 2  三井記念美術館  日本橋髙島屋 2F / アートアベニュー  ギャラリー砂翁 & TOMOS B 
LIXIL ギャラリー1 & 2  ギャラリー檜 B・C  ギャラリー檜 B・C  ギャラリー檜 B・C  ギャラリー檜e・F 
ギャラリー檜e・F  ギャルリー東京ユマニテ  ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション  タグチファインアート  nca | nichido contemporary art 
東京国立近代美術館フィルムセンター  FUMA Contemporary Tokyo/BUNKYO ART  ギャラリー砂翁 & TOMOS B  SPC GALLERY  アートスペース羅針盤 
GALLERY YUKI-SIS  アート★アイガ  ギャルリー東京ユマニテ  日本橋髙島屋 6F / 美術画廊X  ギャラリイK 
日本橋三越本店 - 本館6階アートスポット  ギャラリーなつか  ギャラリーなつか  Gallery b. Tokyo  Tokyo Institute of Photography 
アートスペース羅針盤  日本橋三越本店 - 新館7階ギャラリー  ギャラリー檜 B・C  日本橋三越本店 - 本館6階アートスポット  四季彩舎 
日本橋髙島屋 2F / アートアベニュー  ギャラリイK  日本橋髙島屋 8階ホール 



イベント名映画遺産 -東京国立近代美術館フィルムセンター・コレクションより-
概要「国立近代美術館」(現東京国立近代美術館)の設置に伴い、国立機関としては日本で唯一の映画部門「フィルム・ライブラリー」(現フィルムセンター)が誕生したのは、1952(昭和27)年のことでした。そして映像の時代が第2世紀を迎えた現在、文化遺産あるいは歴史資料としての映画を散逸から守ることは、ますます大きな課題となりつつあります。開設以来、フィルムセンターが収集してきたフィルム素材も現在では30,000本近くを数えるに至っていますが、これらと並びコレクションの重要な位置を占めているのが20,000冊以上の映画図書や30,000冊の撮影台本、42,000枚のポスター、372,000枚のスチル写真、その他の映画関係資料です。 フィルムセンター開設50周年にあたる 2002年、11月の開始以来ご好評を得てきた「展覧会映画遺産」を常設展示として再オープンする本展覧会は、これらの膨大なコレクションの中から映画人の遺品や初期の映画機械など、とくに公開の機会が限られていた珍しいアイテムを一堂に集めて展示する一方、過去に行われた映画の発見・復元の成果を紹介しながら日本の映画保存運動の軌跡を振り返るものです。
場所名東京国立近代美術館フィルムセンター
場所の種類美術館
住所〒104-0031 東京都中央区京橋3-7-6
電話03-5777-8600
FAX03-3561-0830
アクセス東京メトロ銀座線京橋駅1番出口より徒歩1分、都営浅草線宝町駅A4出口より徒歩1分、東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅7番出口より徒歩5分、JR東京駅八重洲南口より徒歩10分
料金一般 200円、大学生・シニア 70円、高校生 40円、小・中学生 無料
イベント開始日0000-00-00
イベント終了日0000-00-00



東京アートビートWebAPIを利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図 世界の観光地検索 ペット泊まれる宿・ホテル検索 奈良の世界遺産 沖縄の世界遺産