日本橋髙島屋 2F / アートアベニュー@東京アート・デザイン検索


下記、アート名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。


東京国立近代美術館フィルムセンター 
LIXIL ギャラリー1 & 2  LIXIL ギャラリー1 & 2  三井記念美術館  日本橋髙島屋 2F / アートアベニュー  ギャラリー砂翁 & TOMOS B 
LIXIL ギャラリー1 & 2  ギャラリー檜 B・C  ギャラリー檜 B・C  ギャラリー檜 B・C  ギャラリー檜e・F 
ギャラリー檜e・F  ギャルリー東京ユマニテ  ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション  タグチファインアート  nca | nichido contemporary art 
東京国立近代美術館フィルムセンター  FUMA Contemporary Tokyo/BUNKYO ART  ギャラリー砂翁 & TOMOS B  SPC GALLERY  アートスペース羅針盤 
GALLERY YUKI-SIS  アート★アイガ  ギャルリー東京ユマニテ  日本橋髙島屋 6F / 美術画廊X  ギャラリイK 
日本橋三越本店 - 本館6階アートスポット  ギャラリーなつか  ギャラリーなつか  Gallery b. Tokyo  Tokyo Institute of Photography 
アートスペース羅針盤  ギャラリー檜 B・C  日本橋三越本店 - 本館6階アートスポット  四季彩舎  日本橋髙島屋 2F / アートアベニュー 
ギャラリイK  日本橋髙島屋 8階ホール 



イベント名「一瞬に煌めく永遠」 - ガラスアートの瞑想空間へ -
概要マルセル・デュシャンがレディメイドの便器を「泉」と題して展覧会に出品し、アートの常識を覆してから、ちょうど100年。デュシャンはこの頃から通称「大ガラス」と呼ばれる大作に着手しています。「大ガラス」は公開後、運搬中に破損しますが、デュシャンはひび割れた作品を前に「以前よりよくなった」と感想をもらしたといわれます。いうまでもなく日本人は数百年前からひびや破損に美を見出してきました。西中千人も砕けたガラスの不完全な美しさの中に生命の儚さ、強さを表現してきた作家です。「ガラスは割れる 人は死ぬ だから、今この一瞬を生きる」とはまさに西中千人の生き方。芸術にかぎらず人間の営みなど46億年の地球の歴史から見れば、ほんの一瞬でしかありません。しかし、その一瞬の中に永遠を見せるのがアートの力です。西中千人が新たに挑んだガラスアートの瞑想空間。そこでの出会いは、訪れる人に「一瞬に煌めく永遠」を体験させてくれるはずです。本展では、2mにもなる煌めく光の柱、幾筋ものガラスオブジェが屹立する新しいアート空間を創ります。「永遠と一瞬」が無限の循環をくり返すという概念を「禅」を礎としたガラスアートのインスタレーションで体感していただきたい、との想いを込めたものです。
場所名日本橋髙島屋 2F / アートアベニュー
場所の種類店・デパート
住所〒103-8265 東京都中央区日本橋2-4-1
電話03-3246-4310
FAX
アクセスJR東京駅八重洲北口より徒歩5分、東京メトロ銀座線・東西線日本橋駅B1出口より直結、都営地下鉄浅草線日本橋駅D3出口より徒歩4分
料金無料
イベント開始日2017-05-31
イベント終了日2017-06-20



東京アートビートWebAPIを利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図 世界の観光地検索 ペット泊まれる宿・ホテル検索 奈良の世界遺産 沖縄の世界遺産