日本橋髙島屋 6F / 美術画廊X@東京アート・デザイン検索


下記、アート名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。


東京国立近代美術館フィルムセンター 
LIXIL ギャラリー1 & 2  LIXIL ギャラリー1 & 2  ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション  東京国立近代美術館フィルムセンター  ギャラリー砂翁 & TOMOS B 
東京国立近代美術館フィルムセンター  ギャラリー檜e・F  東京国立近代美術館フィルムセンター  アートスペース羅針盤  アイランドギャラリー 
日本橋三越本店 - 本館6階アートスポット  アート★アイガ  日本橋髙島屋 6F / 美術画廊X  ギャラリー椿 / GT2  ギャラリー椿 / GT2 
ギャラリイK  加島美術  FUMA Contemporary Tokyo/BUNKYO ART  日本橋三越本店 - 本館6階アートスポット  日本橋髙島屋 6F / 美術画廊X 
不忍画廊  ギャルリー東京ユマニテ  日本橋髙島屋 2F / アートアベニュー 



イベント名「髙島屋美術部創設110年記念 四代 田辺竹雲斎 襲名展」
概要このたび高島屋では「高島屋美術部創設110年記念 四代 田辺竹雲斎 襲名展」を開催いたします。 明治時代に端を発する田辺竹雲斎氏。大阪府堺市で竹工芸の心と技を継承してきました。当代は幼少より竹を始め、東京藝術大学美術部彫刻科を卒業後、父・三代竹雲斎に師事し、2006年に田辺小竹を襲名。代々伝わる技法を継承した伝統工芸作品のほか、異分野の作家とのコラボレーション、竹のインスタレーションなどで、国内をはじめ海外でも広く活躍されています。 今年、2017年3月に四代田辺竹雲斎を襲名。襲名展では「伝統と挑戦」をテーマに、竹雲斎代々の技術を継承する伝統作品や、「伝統」×「テクノロジー」の融合により竹工芸の新たな可能性を模索するオブジェ作品など、さらなる高みを目指す四代田辺竹雲斎氏渾身の新作約80点を一堂に展観いたします。 個展に先立ち、6月21日(水)より1階正面ホールにて、虎皮の模様が入った虎斑竹(虎竹)を使用した全長5mの巨大な竹のインスタレーションを、1週間かけて公開制作いたします。完成した作品は、7月11日(火)までの2週間にわたって展示するとともにデモンストレーションも予定しています。 [関連イベント] 1、花士珠寶氏による献花 日時: 6月28日(水)11:00〜 場所: 6階 美術画廊 2、ギャラリートークⅠ 日時: 6月28日(水)14:00〜 場所: 6階 美術画廊 今回、四代 竹雲斎とコラボされたシンガポール在住の建築学者、見島 佐和子氏とのギャラリートーク。 3、ギャラリートークⅡ 日時: 7月2日(日)14:00〜 場所: 6階 美術画廊 長年、四代竹雲斎とコラボしている漆芸作家、若宮隆志氏とのギャラリートーク。 4、竹のインスタレーション製作 日時: 6月21日(水)〜27日(火) 公開制作 日時: 6月28日(水)〜7月11日(火) 展示 会場: 1階 正面ホール 5、デモンストレーションと作品説明 日時: 7月1日(土)午前11時・午後2時 会場: 1階 正面ホール 竹の種類や編み方などを披露します。
場所名日本橋髙島屋 6F / 美術画廊X
場所の種類ギャラリー
住所〒103-8265 東京都中央区日本橋2-4-1
電話03-3211-4111
FAX
アクセスJR東京駅八重洲北口より徒歩5分、東京メトロ銀座線・東西線日本橋駅B1出口より直結、都営地下鉄浅草線日本橋駅D3出口より徒歩4分
料金無料
イベント開始日2017-06-28
イベント終了日2017-07-03



東京アートビートWebAPIを利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図 世界の観光地検索 ペット泊まれる宿・ホテル検索 奈良の世界遺産 沖縄の世界遺産