GALLERY YUKI-SIS@東京アート・デザイン検索


下記、アート名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。


東京国立近代美術館フィルムセンター 
LIXIL ギャラリー1 & 2  LIXIL ギャラリー1 & 2  三井記念美術館  日本橋髙島屋 2F / アートアベニュー  ギャラリー砂翁 & TOMOS B 
LIXIL ギャラリー1 & 2  ギャラリー檜 B・C  ギャラリー檜 B・C  ギャラリー檜 B・C  ギャラリー檜e・F 
ギャラリー檜e・F  ギャルリー東京ユマニテ  ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション  タグチファインアート  nca | nichido contemporary art 
東京国立近代美術館フィルムセンター  FUMA Contemporary Tokyo/BUNKYO ART  ギャラリー砂翁 & TOMOS B  SPC GALLERY  アートスペース羅針盤 
GALLERY YUKI-SIS  アート★アイガ  ギャルリー東京ユマニテ  日本橋髙島屋 6F / 美術画廊X  ギャラリイK 
日本橋三越本店 - 本館6階アートスポット  ギャラリーなつか  ギャラリーなつか  Gallery b. Tokyo  Tokyo Institute of Photography 
アートスペース羅針盤  ギャラリー檜 B・C  日本橋三越本店 - 本館6階アートスポット  四季彩舎  日本橋髙島屋 2F / アートアベニュー 
ギャラリイK  日本橋髙島屋 8階ホール 



イベント名湯浅克俊 「魂の自然な動きはすべて物質における重力の法則と類似の法則に支配されている」
概要⽇本の伝統芸術の⼀つともいえる⽊版画、写真とデジタル技術とが融合した湯浅の作品には、現在、世界中の注⽬が集まりつつあります。 ⾊の表現法の⼀種でもあるCMYK、すなわちシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの 4 成分を、4 ⾊それぞれの版を作り、透過する⽔性インクを使⽤し摺ることにより、カラーの⽊版画を完成させたCMYKシリーズ。⾼度なカラー印刷技術が蔓延する現代において、この作品は⼀⾒当たり前のように⾒えがちですが、原点に⽴ち返り、⾊を分解し、4 ⾊の配合をアナログの⽊版画の技術で再現しているこの湯浅の技術と⾏為は、驚くべきものです。便利になった現代、遠い昔は魔法のように思えた事が当たり前に私たちのまわりに存在し、疑問さえ持つことも忘れてしまいました。⽬に映る、⽇常の当たり前の景⾊も、季節ごとに⽇々少しずつ変化していきます。そのうつろいさえも、私たちは⼿元のことに忙しく、気づくことを忘れてしまいました。湯浅の作品は、「時間をかけて事象を⾒る、反芻しその存在を考えること」が基本に制作されています。彼の⼿作業⾃体がそうだからです。私たちの⼼から⽇々の現象に対する疑問や気づきが消えてしまった今、湯浅の作品は、何か⼤切なことを語りかけてくれるようです。
場所名GALLERY YUKI-SIS
場所の種類ギャラリー
住所〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-2-12 日本橋小楼202
電話03-5542-1669
FAX
アクセス東京メトロ銀座線・半蔵門線三越前駅A10出口より2分
料金無料
イベント開始日2017-05-13
イベント終了日2017-06-03



東京アートビートWebAPIを利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図 世界の観光地検索 ペット泊まれる宿・ホテル検索 奈良の世界遺産 沖縄の世界遺産