Eye of Gyre@東京アート・デザイン検索


下記、アート名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。


エスパス ルイ・ヴィトン東京 
ワタリウム美術館  ラットホール・ギャラリー  hpgrp Gallery 東京  BLUM & POE  Eye of Gyre 
スペース・ユイ  伊藤忠青山アートスクエア  ギャラリー Jy (ギャラリージー)  MAHO KUBOTA GALLERY  DAZZLE 
Art & Space ここから  HB ギャラリー  Gallery 5610  GALLERY 360°  SEZON ART GALLERY 
ビームス T 原宿  DAZZLE  トキ・アートスペース  プロモ・アルテ ギャラリー  白白庵(旧neutron tokyo) 
ギャラリーハウスMAYA  ピンポイントギャラリー  ミュゼF  ペーターズ・ショップ・アンド・ギャラリー  根津美術館 
表参道画廊  BLOCK HOUSE  ギャラリーハウスMAYA  ギャラリー・ドゥー・ディマンシュ  THE blank GALLERY 
ROCKET  岡本太郎記念館  太田記念美術館  Art Space AM  スペース・ユイ 
ヴォイドプラス  Gallery Target  スパイラル  サイト青山  The Mass 
ギャラリー・ドゥー・ディマンシュ  UTRECHT / NOW IDeA 



イベント名WOW 「生活不必需品の必要性」
概要ワウ株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役: 高橋裕士、以下「WOW」)は、この度、設立20周年を記念した「WOW20プロジェクト」の一貫として、近年力を注いでいるプロダクト開発の新たな試みを発表します。 2015年に始動したプロダクトレーベル「BLUEVOX!」は、WOWがビジュアルデザインで培ってきた3Dデータにおけるフォルムや質感、ライティングなどのこだわりや技術を、実在のモノに落とし込んでいくプロジェクト。独自のテーマ「生活不必需品」を掲げ、コンセプトの掘り下げから日本が誇る職人との協働、制作プロセスを表現した映像表現に至るまで、全行程にわたって美学と想いを注いだものづくりを展開してきました。今回は、これまでの品々に加え、新作プロダクトのコンセプトやデザインプロセスを反映したプレゼンテーションを発表。映像という動きの中に生命の本質を見いだしながら、既成概念を超えて拡張し続けるWOWの表現地平と、その一端を”機能性を持ったアート作品”によって切り拓くプロダクトレーベル「BLUEVOX!」。EYE OF GYREの空間全体に広がるその新たなビジョンを、ぜひ感じてみてください。
場所名Eye of Gyre
場所の種類ギャラリー
住所〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-10-1 3F
電話03-3498-6990
FAX
アクセス東京メトロ千代田線明治神宮前駅より徒歩4分
料金無料
イベント開始日2017-04-14
イベント終了日2017-06-27



東京アートビートWebAPIを利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図 世界の観光地検索 ペット泊まれる宿・ホテル検索 奈良の世界遺産 沖縄の世界遺産