ユミコチバアソシエイツ viewing room shinjuku@東京アート・デザイン検索


下記、アート名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。


新宿ゴールデン街 
東京オペラシティ アートギャラリー  リビングデザインセンターOZONE  東京オペラシティ アートギャラリー  NEWoMan ART wall  文化学園服飾博物館 
NTTインターコミュニケーション・センター  リコーイメージングスクエア新宿  Totem Pole Photo Gallery  KEN NAKAHASHI  新宿ゴールデン街 
新宿眼科画廊  Alt_Medium  MUJI新宿  Bギャラリー  エプソンイメージングギャラリー エプサイト 
伊勢丹新宿店本館  Totem Pole Photo Gallery  ユミコチバアソシエイツ viewing room shinjuku  TS4312  フォトグラファーズギャラリー 
KULA PHOTO GALLERY  東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館  東京オペラシティ アートギャラリー  HAGIWARA PROJECTS(ハギワラプロジェクツ)  アポテカ 
エプソンイメージングギャラリー エプサイト  伊勢丹新宿店本館  柿傳ギャラリー  Place M  Place M 
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館  東京オペラシティ アートギャラリー  伊勢丹新宿店本館  NEWoMan  Alt_Medium 
新宿ニコンサロン  リコーイメージングスクエア新宿  新宿眼科画廊  新宿眼科画廊  新宿眼科画廊 
佐藤美術館  伊勢丹新宿店本館  伊勢丹新宿店本館 



イベント名「ハイレッド・センター」展
概要 ユミコチバアソシエイツでは、毎年高松次郎の命日に合わせて高松が行ってきた制作活動を紹介し続けてきました。 本年は、高松次郎が作家として制作を開始した初期に、自身の作家活動と同時に行ったハイレッド・センターによる活動の一部を紹介します。 ハイレッド・センターというグループ名は、それぞれの姓の頭文字であるの「高」=「ハイ」、「赤」=「レッド」、「中」=「センター」を組み合わせてつけられました。正式な結成は、1963年5月の「第5次ミキサー計画」とされていますが、実質的にはその活動は前年12月の「山手線のフェスティバル」の頃より開始されていたと言えましょう。ハイレッド・センターとして行われた期間は63~64年と短い間ではありましたが、「第6次ミキサー計画」「不在の部屋」「ロプロジー」「シェルター計画」「大パノラマ展」「ドロッピングイベント」「首都圏清掃整理促進運動」などのイベントを次々と実現していきました。 秘密結社的な匂いをまとった行動の一方で、銀座の路上やJRの電車の中やホーム、駅周辺といった公的な場や機関を利用したり、ホテルやビルの屋上などの日常的な場所で非日常的な行為を行ったりと、美術ジャーナリズムだけでなく当時の新聞や一般誌などにも取り上げられ、社会の注目を集めました。ハイレッド・センターと名乗っていましたが、メンバーは流動的で高松・赤瀬川・中西の他に和泉達もメンバーとして活動を共にしており、イベントごとに新たにメンバーが加わることもありました。 彼らの活動は、こうして行ったイベントや行動により、それが芸術か否かという事を制度的に問いかけるものであり、作家と観客との関係性を問い直すものでもありました。 今回、ユミコチバアソシエイツでは展示を2期に分け、前期(6月23日〜7月13日)ではドキュメントフォト、後期(7月15日〜8月5日)では同時期に高松、赤瀬川、中西が制作した作品を展示致します。
場所名ユミコチバアソシエイツ viewing room shinjuku
場所の種類ギャラリー
住所〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-32-6 パークグレース新宿206
電話03-6276-6731
FAX03-6276-6738
アクセス都営大江戸線都庁前駅A5出口より徒歩10分
料金無料
イベント開始日2017-06-23
イベント終了日2017-08-05



東京アートビートWebAPIを利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図 世界の観光地検索 ペット泊まれる宿・ホテル検索 奈良の世界遺産 沖縄の世界遺産