NTTインターコミュニケーション・センター@東京アート・デザイン検索


下記、アート名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。


新宿ゴールデン街 
東京オペラシティ アートギャラリー  リビングデザインセンターOZONE  東京オペラシティ アートギャラリー  NEWoMan ART wall  文化学園服飾博物館 
NTTインターコミュニケーション・センター  リコーイメージングスクエア新宿  Totem Pole Photo Gallery  KEN NAKAHASHI  新宿ゴールデン街 
新宿眼科画廊  Alt_Medium  MUJI新宿  Bギャラリー  エプソンイメージングギャラリー エプサイト 
伊勢丹新宿店本館  Totem Pole Photo Gallery  ユミコチバアソシエイツ viewing room shinjuku  TS4312  フォトグラファーズギャラリー 
KULA PHOTO GALLERY  東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館  東京オペラシティ アートギャラリー  HAGIWARA PROJECTS(ハギワラプロジェクツ)  アポテカ 
エプソンイメージングギャラリー エプサイト  伊勢丹新宿店本館  柿傳ギャラリー  Place M  Place M 
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館  東京オペラシティ アートギャラリー  伊勢丹新宿店本館  NEWoMan  Alt_Medium 
新宿ニコンサロン  リコーイメージングスクエア新宿  新宿眼科画廊  新宿眼科画廊  新宿眼科画廊 
佐藤美術館  伊勢丹新宿店本館  伊勢丹新宿店本館 



イベント名「オープン・スペース 2017 未来の再創造」展
概要メディア・アート作品をはじめ、現代のメディア環境における多様な表現をとりあげ、幅広い観客層に向けて紹介する展覧会です。メディア・アートにおける代表的な作品、先端技術を取り入れた作品、批評的な観点を持つ作品、さらに研究機関で進行中のプロジェクトなどを、作品の理解を助ける解説とともに展示し、作品を楽しむだけでなく、その背景にある現代の多様化したメディアやコミュニケーションの在り方、現代社会における問題、未来への展望や、さらに新しい感性や美意識について考えるきっかけとなることをめざしています。12回目となる今年度は、「オープン・スペース 2017 未来の再創造」と題し、開館20周年を迎え、これまでの20年をふりかえりつつ、ICCがこの先の20年にどのような未来を提示することができるのかをあらためて考え、新たな未来のヴィジョンを再創造することをテーマとします。会期中には,アーティストや有識者を招いたトーク,レクチャー,シンポジウム,ワークショップ,学芸スタッフによる作品解説ツアーを開催するなど,さまざまなプログラムを用意しています。 [参加アーティス] 岩井俊雄、evala、緒方壽人 (Takram) 、オーラ・サッツ、スグウェン・チャン、徳井直生 + 堂園翔矢 (Qosmo) 、nor、グレゴリー・バーサミアン、カイル・マクドナルド、三原聡一郎、ユェン・グァンミン、慶應義塾大学 松川昌平研究室+SBC合同研究会+archiroid、慶應義塾大学 鳴川肇研究室 ほか [関連イベント] 「これまでの20年 / これからの20年 その先へ」トーク・セッション 1. 「人工知能とアート 来るべきもの」 日時: 2017年5月13日 (土) 午後2時より 出演: 徳井直生 (Qosmo) 、中ザワヒデキ (美術家 / 人工知能美学芸術研究会代表) 、yang02 (アーティスト) 、久保田晃弘 (多摩美術大学教授) 、畠中実 (ICC) 人工知能は、いま新しいフェーズに入り、さまざまなかたちで社会に実装されようとしています。来るべき「ポスト・ヒューマン」時代に向けて、わたしたちは人工知能とどのように創造的に協働することができるのか、どのような美学的な可能性を持っているのか。それは、わたしたちにとって何であるのか、あるべきかを、さまざまな実践を通して考え、議論したいと思います。 2. 「これからのテクノロジー環境における新しいヴィジョンを求めて」 日時: 2017年5月14日 (日) 午後2時より 出演: 伊藤亜紗 (東京工業大学) 、緒方壽人 (Takram) 、ドミニク・チェン (早稲田大学准教授 / NPOコモンスフィア理事 / Dividual共同創業者) 、塚田有那 (編集者 / Bound Baw編集長) 、渡邊淳司 (NTTコミュニケーション科学基礎研究所) 、畠中実 (ICC) 現在、間とテクノロジーを融合させた様々な動きがある一方で、人間や社会の機能不全に対し、テクノロジーはどのように介入することができるのでしょうか。現代のテクノロジー環境の中で、持続可能な人間像、社会像をいかに構築することができるのか、未来に向けた、新しいヴィジョンの思考が望まれています。ICCの20周年を参照点とし、人間とテクノロジーの関係について、多角的な視点から議論します。 3. ギャラリーツアー ICC学芸スタッフが展示作品について解説します。毎月1回、開催を予定しています。 ※詳しくはホームページなどで最新の情報をお知らせいたします。
場所名NTTインターコミュニケーション・センター
場所の種類美術館
住所〒163-1404 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
電話0120-144199
FAX
アクセス京王新線初台駅東口から徒歩2分
料金無料
イベント開始日2017-05-27
イベント終了日2018-03-11



東京アートビートWebAPIを利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図 世界の観光地検索 ペット泊まれる宿・ホテル検索 奈良の世界遺産 沖縄の世界遺産