タカ・イシイギャラリー 東京@東京アート・デザイン検索


下記、アート名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。


増上寺 
ギャラリー・間  プレート・トキオ  ワコウ・ワークス・オブ・アート  タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム  カナダ大使館高円宮記念ギャラリー 
泉屋博古館分館  サントリー美術館  SNOW Contemporary  21_21 DESIGN SIGHT  シュウゴアーツ 
NANATASU GALLERY  森美術館  国立新美術館  ギャラリーペロタン東京  森美術館 
麻布十番ギャラリー  Zen Foto Gallery  Shonandai MY Gallery  桃居  YKG Gallery 
FUJIFILM SQUARE  FUJIFILM SQUARE  FUJIFILM SQUARE  サボア・ヴィーブル  ギャラリー・アートアンリミテッド 
桃居  タカ・イシイギャラリー 東京  オオタファインアーツ  麻布十番ギャラリー  PGI 
Take Ninagawa  小山登美夫ギャラリー  ミリオンズ・オブ・カラーズ  東京ミッドタウン・デザインハブ  SFT Gallery 
FUJIFILM SQUARE  GALLERY MoMo Projects  国立新美術館  タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム 



イベント名登山博文 「部屋|光」
概要登山はこれまで一貫して、線や面、色彩、さらには描き方や描く順序など、絵画を構成するさまざま要素を可能な限り純化させることで成立する絵画を追求してきました。矩形の画面に空間性を与える「水平」(稜線)、「垂直」(空間の境界)、「斜め」(光や斜光)といった、もっとも簡潔な要素がつくる謹厳さのなかに、登山が「空き間」や「余り」と呼ぶ白地の部分が動きを与え、絵画空間に余裕や豊かさを与える「揺らぎ」をもたらします。登山の作品は、限りなく少ない関数へ還元された絵画でありながら、同時に多様な解釈を許容する寛容さを備えています。 今春より登山は、複数の絵画を1組の作品とする新たな試みを始め、今回の個展においても、同一サイズの絵画を左右に配した組作品を2点展示いたします。また今回、展示空間に差し込む自然光を作品の構成要素の一つとして重視しています。これまで画家と絵画の関係、すなわちタブローの内部を丹念に検証してきた登山の視点は、絵画と外界が互いにどう影響を与え合うかという、タブローの外部へと拡張しています。
場所名タカ・イシイギャラリー 東京
場所の種類ギャラリー
住所〒106-0032 東京都港区六本木6-5-24 complex665 3F
電話03-6434-7010
FAX03-6434-7011
アクセス東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅1b出口より徒歩2分、東京メトロ南北線・都営大江戸線麻布十番駅7番出口より徒歩8分、東京メトロ千代田線乃木坂駅5番出口より徒歩11分
料金無料
イベント開始日2017-07-01
イベント終了日2017-07-29



東京アートビートWebAPIを利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図 世界の観光地検索 ペット泊まれる宿・ホテル検索 奈良の世界遺産 沖縄の世界遺産