国立新美術館@東京アート・デザイン検索


下記、アート名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。


増上寺 
ギャラリー・間  プレート・トキオ  ワコウ・ワークス・オブ・アート  タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム  カナダ大使館高円宮記念ギャラリー 
泉屋博古館分館  サントリー美術館  SNOW Contemporary  21_21 DESIGN SIGHT  シュウゴアーツ 
NANATASU GALLERY  森美術館  国立新美術館  ギャラリーペロタン東京  森美術館 
麻布十番ギャラリー  Zen Foto Gallery  Shonandai MY Gallery  桃居  YKG Gallery 
FUJIFILM SQUARE  FUJIFILM SQUARE  FUJIFILM SQUARE  サボア・ヴィーブル  ギャラリー・アートアンリミテッド 
桃居  タカ・イシイギャラリー 東京  オオタファインアーツ  麻布十番ギャラリー  PGI 
Take Ninagawa  小山登美夫ギャラリー  ミリオンズ・オブ・カラーズ  東京ミッドタウン・デザインハブ  SFT Gallery 
FUJIFILM SQUARE  GALLERY MoMo Projects  国立新美術館  タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム 



イベント名「サンシャワー: 東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」
概要人口約6億人。経済発展目覚ましい東南アジア地域の現代アートには、世界から大きな注目が集まっています。国立新美術館、森美術館、国際交流基金アジアセンターは、ASEAN設立50周年にあたる2017年、国内過去最大規模の東南アジア現代美術展、「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」を開催致します。 「サンシャワー(天気雨)」は、晴れていながら雨が降る不思議な気象ですが、熱帯気候の東南アジア地域では頻繁にみられます。また、植民地主義以降の20世紀後半、冷戦下の戦争や内戦、独裁政権を経て近代化や民主化を迎え、近年では経済発展や投資、都市開発が進むなど、さまざまな政治的、社会的、経済的変化を遂げてきたこの地域の紆余曲折とその解釈の両義性に対する、詩的なメタファーでもあります。 多民族、多言語、多宗教の東南アジア地域では、じつにダイナミックで多様な文化が育まれてきました。自由の希求、アイデンティティ、成長とその影、コミュニティ、信仰と伝統、歴史の再訪など、東南アジアにおける1980年代以降の現代アートの発展を複数の視点から掘り下げ、国際的な現代アートの動向にも照らしながら、そのダイナミズムと多様性を紹介します。 本展は、国立新美術館と森美術館で二館同時開発となります。
場所名国立新美術館
場所の種類美術館
住所〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
電話03-5777-8600
FAX
アクセス千代田線乃木坂駅6出口より直結, 日比谷線六本木駅4a出口から5分, 大江戸線六本木駅7出口から徒歩4分
料金2館共通: 一般 1800円 大学生 800円、単館: 一般 1000円 大学生 500円
イベント開始日2017-07-05
イベント終了日2017-10-23



東京アートビートWebAPIを利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図 世界の観光地検索 ペット泊まれる宿・ホテル検索 奈良の世界遺産 沖縄の世界遺産