泉屋博古館分館@東京アート・デザイン検索


下記、アート名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。


増上寺 
ギャラリー・間  プレート・トキオ  ワコウ・ワークス・オブ・アート  タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム  カナダ大使館高円宮記念ギャラリー 
泉屋博古館分館  サントリー美術館  SNOW Contemporary  21_21 DESIGN SIGHT  シュウゴアーツ 
NANATASU GALLERY  森美術館  国立新美術館  ギャラリーペロタン東京  森美術館 
麻布十番ギャラリー  Zen Foto Gallery  Shonandai MY Gallery  桃居  YKG Gallery 
FUJIFILM SQUARE  FUJIFILM SQUARE  FUJIFILM SQUARE  サボア・ヴィーブル  ギャラリー・アートアンリミテッド 
桃居  タカ・イシイギャラリー 東京  オオタファインアーツ  麻布十番ギャラリー  PGI 
Take Ninagawa  小山登美夫ギャラリー  ミリオンズ・オブ・カラーズ  東京ミッドタウン・デザインハブ  SFT Gallery 
FUJIFILM SQUARE  GALLERY MoMo Projects  国立新美術館  タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム 



イベント名黒川古文化研究所 + 泉屋博古館連携企画特別展 「名刀礼賛 - もののふ達の美学 - 」
概要愛刀家の間ではよく知られながら、これまでほとんど一般に見る機会が少なかった珠玉の名刀コレクションを東京で公開します。兵庫県西宮市にある黒川古文化研究所は、東洋古書画や考古遺物を多数所蔵し、その研究で知られていますが、日本刀についても国宝・重文を含む一大コレクションを有しています。その中から、国宝「短刀 無銘(名物伏見貞宗)」や重文「太刀 銘 国光」、重文「太刀 銘 備前国長船住景光」など平安から江戸時代までに造られた約30口の名刀を紹介します。 また、刀装具や武士の描いた絵画もあわせて展示し、武士たちが育んできた美意識についても探ります。東京ではほぼ初公開となる刀剣美の世界とその魅力をご堪能いただける絶好の展覧会です。 [関連イベント] 1. ゲスト・トーク「刀剣の魅力」 日時: 6月17日(土) 15:00~16:00 ゲスト・トーク「鐔・刀装具の魅力」 日時: 7月8日(土) 15:00~16:00 ゲスト: 川見典久氏(黒川古文化研究所研究員) ※両日とも、当日10:00より入館券をお持ちの方お一人につき1枚、 座席指定券付き整理券を配布予定(定員50名) 2. ギャラリー・トーク 日時: 6月3日、7月1日、7月22日(各土) 15:00~16:00 ナビゲーター: 野地耕一郎(泉屋博古館分館長) 3. ロビー・コンサート: 尺八ザムライ 日時: 6月24日(土) 15:00~16:00 演奏: 田嶋謙一氏 (直簫流尺八奏者) ※当日10:00より入館券をお持ちの方お一人につき1枚、 座席指定券付き整理券を配布予定(定員50名) ※関連イベントについては公式ホームページをご確認ください
場所名泉屋博古館分館
場所の種類美術館
住所〒106-0032 東京都港区六本木1-5-1
電話03-5777-8600
FAX
アクセス南北線六本木一丁目駅より徒歩2分
料金一般 800円、大学・高校生 600円、中学生以下無料
イベント開始日2017-06-01
イベント終了日2017-08-04



東京アートビートWebAPIを利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図 世界の観光地検索 ペット泊まれる宿・ホテル検索 奈良の世界遺産 沖縄の世界遺産