アートフロントギャラリー@東京アート・デザイン検索


下記、アート名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。


目黒区美術館 
G/P gallery  山種美術館  ナディッフ アパート  OVER THE BORDER  東京都写真美術館 
東京都写真美術館  東京都写真美術館  G/P gallery  WAITINGROOM  代官山 蔦屋書店 
POST / limArt  LIBRAIRIE6 /シス書店  LOKO GALLERY  MEM  Galerie Malle(ギャラリーまぁる) 
POETIC SCAPE  アートフロントギャラリー  Goya Curtain  DIGINNER GALLERY WORKSHOP  The Container 
MA2 Gallery  工房親  デッサン | Dessin 



イベント名田中望 「場所と徴候」
概要田中は現代絵画におけるこれまでの都市の現代性や個の発露を中心とした絵画の流れに対し、地方の伝承をもとに描いた巨大な絵画にて一石を投じた。地方の土着的なテーマを、民俗学的なアプローチから、自らフィールドワークやレジデンスを行い、知りえた口伝による歴史や風俗を絵画の中にとりこむ。彼女によって描かれるその土地の幾層にも重なった場所の歴史をタイムレスな絵画として表現しようとしている。これは、西洋におけるキャンバスの発達とともに、希薄になっていった絵画と場所の関係性をラスコーの壁画や西洋の祭壇画のようにその場に描くものとは異なる方法において、再び結び付けようとするアプローチととることもできるかもしれない。そしてこの数年それは、作家による賢明なフィールドワークによる実体験という部分をより意味のあるものとする方向へとシフトしてきている。 田中は2015年の横浜美術館での個展と天王洲における東北画を問うグループ展において、これまでの地方における地域性を中心とした絵画ではない、都市においてその地をテーマとした絵画を描く機会を得た。しかしこれは地方における民話や土着性をテーマとしてきた田中にとって勝手が違い難しいものだったという。この経験がもとになり、田中は地方、地域という自らの興味に限定された範囲のテーマではなく、より普遍的であり、より多くの人と共有できるテーマとして、描く対象となる場所を中心とした絵画を始めようとしている。その場所の魅力や不可思議さを暴き出し興味の対象とするために、現象学的アプローチを求め、今和次郎が提唱した考現学を取り入れ始めている。これにより田中は自身がこれまで描いてきた対象から、各段にその範囲を拡大したといえるかもしれない。今回の展示では、葛藤の元になった天王洲の作品や新たなアプローチを持って描かれた都市の作品、そしてそれらを経て再び描く彼女の地元仙台と山形を中心とした新しい作品を展示する。
場所名アートフロントギャラリー
場所の種類ギャラリー
住所〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町29-18 ヒルサイドテラスA棟
電話03-3476-4869
FAX03-3476-1765
アクセス東急東横線代官山駅より徒歩3分
料金無料
イベント開始日2017-05-12
イベント終了日2017-06-04



東京アートビートWebAPIを利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図 世界の観光地検索 ペット泊まれる宿・ホテル検索 奈良の世界遺産 沖縄の世界遺産