山種美術館@東京アート・デザイン検索


下記、アート名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。


目黒区美術館 
G/P gallery  山種美術館  ナディッフ アパート  OVER THE BORDER  東京都写真美術館 
東京都写真美術館  東京都写真美術館  G/P gallery  WAITINGROOM  代官山 蔦屋書店 
POST / limArt  LIBRAIRIE6 /シス書店  LOKO GALLERY  MEM  Galerie Malle(ギャラリーまぁる) 
POETIC SCAPE  アートフロントギャラリー  Goya Curtain  DIGINNER GALLERY WORKSHOP  The Container 
MA2 Gallery  工房親  デッサン | Dessin 



イベント名「花・Flower・華 - 琳派から現代へ -」展
概要春夏秋冬の中でさまざまな表情をみせる自然の姿は、古くから日本人の心を魅了してきました。とりわけ、四季折々に咲き誇る花は、その美しさとともに、詩歌や文学と結びつきながら季節を象徴するモティーフとしても愛好され、現代にいたるまで描き継がれています。その表現には、単独の花、鳥や昆虫との組み合わせ、四季の花を一画面に描く構成など、個性豊かなバリエーションが生み出されました。当館では春爛漫の季節に合わせ、四季の花をテーマとした企画展を開催いたします。日本美術に描かれた梅、桜、牡丹、薔薇、百合、紫陽花、朝顔、菊、桔梗、水仙、椿などの代表的な花を通して、江戸時代から現代までの華麗なる絵画の世界をご覧ください。 江戸時代、琳派の絵師たちは、特に季節の草花や花木を多く題材としました。たとえば、花を風物や鳥と組み合わせて趣きある世界を作り上げた酒井抱一《月梅図》、《菊小禽図》、濃彩で四季の草花を鮮やかに配した鈴木其一《四季花鳥図》。金地、豊かな色彩を用いた装飾的な画面、斬新なデザイン性を持つ琳派の作品は、時代を経ても色あせることのない魅力を放っています。また、近代以降においても、四季の草花100種を植物図鑑の如く細緻に表した田能村直入《百花》、醍醐寺三宝院の華やかなしだれ桜を描いた奥村土牛《醍醐》、扇面という伝統的な形式に季節の花を散りばめた加山又造《華扇屏風》などの作品に、四季の循環や季節特有の自然美を意識した表現を見てとることができます。 本展では、春夏秋冬の花を描いた多彩な作品約60点を展示し、花の絵画で美術館を満開にいたします。さらに、花の特徴や花にまつわる物語・歴史、画家が残した言葉を交え、その魅力をご紹介します。
場所名山種美術館
場所の種類美術館
住所〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-36
電話03-5777-8600
FAX
アクセスJR恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線恵比寿駅2番出口より徒歩10分
料金一般 1000円、大学生・高校生 800円、中学生以下・障害者手帳提示とその介護者1名 無料、特別展はイベントにより異なる
イベント開始日2017-04-22
イベント終了日2017-06-18



東京アートビートWebAPIを利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図 世界の観光地検索 ペット泊まれる宿・ホテル検索 奈良の世界遺産 沖縄の世界遺産