目黒区美術館@東京アート・デザイン検索


下記、アート名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。


東京都写真美術館 
東京都写真美術館  アートフロントギャラリー  The Container  山種美術館  VOILLD(ヴォイルド) 
DIGINNER GALLERY WORKSHOP  G/P gallery  ナディッフ アパート  東京都写真美術館  東京都写真美術館 
東京都写真美術館  東京都写真美術館  東京都写真美術館  目黒区美術館  POST / limArt 
東京都写真美術館  ナディッフ アパート  MA2 Gallery  Galerie Malle(ギャラリーまぁる)  WAITINGROOM 




イベント名「ヨーロッパの木の玩具 (おもちゃ) ―ドイツ・スイス、北欧を中心に」展
概要本展では、木製玩具の魅力を「みる」「遊ぶ」「知る」の視点から紹介します。まず「みる」では、主に戦後、玩具メーカーによって作られた木製玩具を「手で遊び・考えること」をテーマに、400 点余の作品によって紹介します。こうしたメーカーの玩具とともに、小規模な工房制作によるクラフトの玩具も展示します。現在のヨーロッパにおいて、伝統的な木製玩具生産が最も盛んなエルツ地方 (ドイツとチェコの国境付近) で作られたものを中心に展観し、さらにこの地方独特の技術であるライフェンドレーエン (ろくろに固定した木の輪を削り出し、それを分割して複数の動物などを作り出す木工ろくろ挽きの技術) について紹介します。次に「遊ぶ」では、会期中、実際に展示したものと同種の、手触りの良い玩具で遊べるプレイコーナーを設置します。最後に「知る」では、「みる」で示したライフェンドレーエンの第一人者であるクリスチアン・ヴェルナー氏 (工房名: Reifendrehwerk Christian Werner) をドイツ・ザイフェンからお招きして実演を行い、貴重な技術をご覧いただきます。 [関連イベント] 特別ワークショップセミナー「ライフェンドレーエンでつくる動物たち」 日程: 2017年7月15日 (土) 、16日 (日) 、17日 (月・祝) 時間: 各日 第1回 11:00-12:30、第2回 13:00-14:15、第3回14:30-15:45 (各回入替制) ※16:00-17:30は公開制作を実施 (入退場自由) 実演: クリスチアン・ヴェルナー (工房名:Reifendrehwerk Christian Werner) 定員: 各回50名 (先着) 参加費: 無料 (高校生以上は当日の展覧会観覧券が必要。事前申込不要。)
場所名目黒区美術館
場所の種類美術館
住所〒153-0063 目黒区目黒2-4-36
電話03-3714-1201
FAX03-3715-9328
アクセスJR目黒駅から徒歩10分
料金一般 700円、65歳以上・大学生・高校生 550円、中学生・小学生 無料、障害者 350円・その付添者1名 無料
イベント開始日2017-07-08
イベント終了日2017-09-03



東京アートビートWebAPIを利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図 世界の観光地検索 ペット泊まれる宿・ホテル検索 奈良の世界遺産 沖縄の世界遺産