G/P gallery@東京アート・デザイン検索


下記、アート名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。


目黒区美術館 
G/P gallery  山種美術館  ナディッフ アパート  OVER THE BORDER  東京都写真美術館 
東京都写真美術館  G/P gallery  WAITINGROOM  代官山 蔦屋書店  POST / limArt 
LIBRAIRIE6 /シス書店  LOKO GALLERY  MEM  Galerie Malle(ギャラリーまぁる)  POETIC SCAPE 
アートフロントギャラリー  Goya Curtain  DIGINNER GALLERY WORKSHOP  The Container  MA2 Gallery 
工房親  デッサン | Dessin  AIT ルーム 



イベント名山田弘幸 「Archived/Nosotros」
概要山田は、中米での滞在を経て、2011年頃より写真の制作をはじめました。現地で人々の見えないものへの強い信仰心に興味を覚えたのをきっかけに、当初より制作の場に旧日本銀行広島支店を選ぶなど、その場の記憶やポテンシャルに目をむけ、主に写真を用いたインスタレーションを発表してきました。単に重層的に写真を展示するだけでなく、ときには言葉、数式、記号や図像のようなものを直接プリントに書き込み、それらの背後にある歴史や時間、自他の関係などを浮き彫りにさせるなど、従来の写真という概念にとらわれないイメージの構築方を試みていているのが特徴です。 昨年「TOKYO FRONTLINE AWARD 2016」のグランプリを受賞し、本展はその副賞として開催される個展となります。 「今までの作品を記録写真のように、コレクションをシリーズごとに構成した黒いケースを展示する。宇宙的な空間表現で身のまわりを俯瞰、客観的に記録。淡々としたアーカイブが化合物のように複合要素が混ざり合い、我々(Nosotros)の社会を光が照らし、繋ぎ合わす。」山田弘幸。 昨年参加した、アルルx集美国際フォトフェスティバル(アモイ、中国、2016)では、展示壁から床まで、大小さまざまなモノクロのインクジェットプリントで覆い、表面に擦り傷をつけることで、プリントされた脈絡のない個々のイメージを、自身の運動の痕跡によってつなぎとめるというパフォーマンスを行いました。本展では、このパフォーマンスで使用したプリント群と、この6年間のうちに撮りためてきた写真を、傷(Abrasion)、光(Light)、グリッド(Grid)、新聞(Newspaper)などの名詞によってアーカイブボックスに分類し展示いたします。 会場: newroom (G/P gallery)
場所名G/P gallery
場所の種類ギャラリー
住所〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 2F
電話03-5422-9331
FAX03-5422-9331
アクセスJR恵比寿駅東口より徒歩6分
料金無料
イベント開始日2017-04-21
イベント終了日2017-05-28



東京アートビートWebAPIを利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図 世界の観光地検索 ペット泊まれる宿・ホテル検索 奈良の世界遺産 沖縄の世界遺産