POST / limArt@東京アート・デザイン検索


下記、アート名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。


目黒区美術館 
G/P gallery  山種美術館  ナディッフ アパート  OVER THE BORDER  東京都写真美術館 
東京都写真美術館  G/P gallery  WAITINGROOM  代官山 蔦屋書店  POST / limArt 
LIBRAIRIE6 /シス書店  LOKO GALLERY  MEM  Galerie Malle(ギャラリーまぁる)  POETIC SCAPE 
アートフロントギャラリー  Goya Curtain  DIGINNER GALLERY WORKSHOP  The Container  MA2 Gallery 
工房親  デッサン | Dessin  AIT ルーム 



イベント名アンディ・ウォーホル + ジェラード・マランガ「Screen Tests / A Diary」
概要1960年代、アンディ・ウォーホルがニューヨークのマンハッタンに構えた作品制作スタジオは「ファクトリー」と呼ばれ、ウォーホルの代名詞ともなっているシルクスクリーンの作品や、60年代から手がけはじめた実験映像などをこの場所で制作していました。また、ミック・ジャガーやルー・リードといったミュージシャン、トルーマン・カポーティやアレン・ギンズバーグなどの詩人、ニコやイーディ・セジウィックなどの女優やファッションモデル、ウォーホルの友人、知人が昼夜を問わず集うサロンにもなり、ニューヨークのカルチャーシーンの中心地となっていました。そのファクトリーでウォーホルとマランガが訪問者たちを被写体にして制作していた作品が、固定した16ミリカメラで彼らのバストアップを撮影した映像作品[Screen Tests]です。カメラを向けられた人々がその前でただジッとしている様子を記録した本作は、ウォーホルが初期に手がけた実験映画として知られ、多くの著名人が斬新な「肖像」としてウォーホルに制作依頼したシルクスクリーン作品と同様に、新しいポートレートのあり方を美術史に刻みました。 1967年に出版されたアンディ・ウォーホルとジェラード・マランガの共著であり、現代美術・芸術写真の文脈で重要な意義を持つ歴史的マスターピースともいえる [Screen Tests / A Diary]の初版刊行から50年の歳月を経た2017年、オリジナルを忠実に再現した復刻版を刊行する運びとなりました。 展覧会では、本書に収録されたポートレート写真と散文詩を用いたインスタレーションで構成されます。
場所名POST / limArt
場所の種類店・デパート
住所〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-10-3-1F
電話03-3713-8670
FAX
アクセスJR・東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩5分
料金無料
イベント開始日2017-05-12
イベント終了日2017-06-04



東京アートビートWebAPIを利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図 世界の観光地検索 ペット泊まれる宿・ホテル検索 奈良の世界遺産 沖縄の世界遺産