NTTドコモ代々木ビル@東京の高層ビル





下記、ビル名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。

東京ミッドタウン  六本木ヒルズ森タワー  泉ガーデンタワー  アクティ汐留  芝浦アイランド 
世界貿易センタービル  汐留シティセンター  サンシャイン60  東京都庁舎  新宿パークタワー 
新宿住友ビル  新宿野村ビル  新宿センタービル  新宿三井ビル  新宿NSビル 
東京オペラシティ  晴海アイランドトリトンスクエア  聖路加ガーデン  NTTドコモ代々木ビル 
グラントウキョウ  モード学園コクーンタワー  新宿アイランドタワー  山王パークタワー  セルリアンタワー  京王プラザホテル  東京ドームホテル 




下記ボックスに周辺写真が表示されます。
写真をクリックするとマップ上に吹き出しが表示されます。

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/potosidecar2/www/building/index.php on line 283
Wikipedia引用
NTTドコモ代々木ビル(エヌ・ティ・ティドコモよよぎビル、英称:NTT Docomo Yoyogi Building)は東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目にあるNTTドコモの超高層ビル。通称ドコモタワー。 エンパイアステートビルなどの、1930年代に建てられたニューヨークの摩天楼を思わせるデザインが特徴である。このデザインにより周辺のビルより目立ち、高速道路を走る車の中からや曇っているときでも見える。 東京都のビルの中ではミッドタウンタワー、虎ノ門ヒルズ、東京都庁第一本庁舎に次いで4番目の高さを誇る。一般の商業ビルと異なりNTTドコモの自社業務用のビルであり、関係者以外の立ち入りはできない。建物内部は携帯電話用の通信機器が設置された機械室と代理店向けのコールセンターが入居する事務室が存在する。NTTドコモの本社は千代田区の山王パークタワーにあり、代々木ビルは本社ビルではない。また、新宿貨物駅の跡地に建設されたことから、建築主は日本国有鉄道清算事業団の関連会社だったレールシティ東開発である。

Wikipedia引用
『超高層ビル』より : 高層建築物(こうそうけんちくぶつ)は、高さによって建築物を区分する際の一区分で、中層建築物を超える高さを有する建築物を指す。超高層建築物と区別する場合には、中層と超高層の間の高さを有する建築物を指す。高層ビル(こうそうビル)ともいう。 定義 高層建築物は、高さによって建築物を区分する際の一区分であるが、具体的にどの範囲の高さの建築物を指すかについては種々の定義がある。一般的には、国土交通省の法令の運用などに基づき、6階以上の建築物を高層建築物と呼ぶことが多い。主要な定義には以下のものがある。 都市計画法施行令では、一団地の住宅施設の都市計画については、住宅の低層、中層又は高層別の予定戸数を定めることとされており(第6条第1項第7号)、実務上、低層は1~2階、中層は3~5階、高層は6階以上とされている。 建設省が1995年に策定した「長寿社会対応住宅設計指針」(建設省住備発第63号)においても、「6階以上の高層住宅にはエレベーターを設置するとともに、できる限り3~5階の中層住宅等にもエレベーターを設ける」と規定されており、6階以上が高層住宅とされている。


Wikipedia API  Panoramip API を利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図  世界の観光地検索  ペット泊まれる宿・ホテル検索  京都の世界遺産  奈良の世界遺産  沖縄の世界遺産  日本三名園