日本の祭り検索





下記、祭り名をクリックすると、Googleマップが切り替わります。
都道府県の選択に戻る

お旅まつり  能登キリコ祭り  飯田燈籠山祭り  ほうらい祭り 




下記ボックスに周辺写真が表示されます。
写真をクリックするとマップ上に吹き出しが表示されます。

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/potosidecar2/www/festival/getFestival.php on line 289
Loading...

Wikipedia引用
お旅まつり(おたびまつり)とは石川県小松市で毎年5月中旬の土、日曜を挟む4日間に渡り行なわれる菟橋(うはし)神社(お諏訪さん)と本折日吉神社(山王さん)の春季祭礼。曳山子供歌舞伎で有名。 全国に残る子供歌舞伎の中で、全国8ヶ所(不定期は除く)に伝承されている曳山子供歌舞伎の一つで、昭和26年(1951年)より毎年全8町の内、担当町2町の曳山の上で地元の子供たちが歌舞伎を演じる。古くは全町が行なっていた。京都の祇園祭を見た江戸時代初期の加賀藩主、前田利常が始めたと言われる。関連行事として期間中または前週に平成11年(1999年)から始まった全国子供歌舞伎フェスティバルin小松が、またさまざまなイベントが開催される。 平成11年(1999年)7月23日に、「お旅まつりの曳山行事」として石川県無形民俗文化財に指定された。また現存する8基の曳山は、昭和40年(1965年)11月3日に小松市指定文化財(建造物)に指定されている。 歌舞伎の舞台となる曳山が作られたのは、明和3年(1766年)とも安永5年(1776年)ともいわれ、それぞれ文献が残っているが裏付けがなくはっきりとわかっていない。

祭(まつり)とは、感謝や祈り、慰霊のために神仏および祖先をまつる行為(儀式)である。供物そのほかが捧げられる。 祭祀(さいし)、祭礼(さいれい)、祭儀(さいぎ)。また、まつりの漢字の表記(祀り・祭り・奉り・政りなど)によって、用途や意味合いが少し異なってくる(詳細は後述)。 原初的形態 祭祀・祭礼の形は、世界各地で多様な形を示す。そして、原初の祭は、一つの信仰に基づいていたと考えられる。すなわち、豊穣への感謝・祈りであり、ジェームズ・フレイザーの『金枝篇』では、生命の死・再生を通して考察された。農耕社会においては、収穫祭が古いものであるが、その他にも祭壇に動物の生贄を捧げる形式があり、ともに命によって豊穣を得られる信仰が窺える。『金枝篇』に載せられている例でいえば、ヨーロッパのキリスト教以前の色を濃く留めている風習の一つで、収穫した穀物を使い人形状のパンまたはクッキー(人体の象徴)を作り、分割する祭礼があり、聖餐との類似が指摘できる。


Wikipedia API  Panoramip API を利用しています。
E-Mail