西芳寺@京都の世界遺産 地図





下記、地名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。

賀茂別雷神社(上賀茂神社)  賀茂御祖神社(下鴨神社)  教王護国寺(東寺)  清水寺  延暦寺 
醍醐寺  仁和寺  平等院  宇治上神社  高山寺  西芳寺(苔寺)  天龍寺 
鹿苑寺(金閣寺)  慈照寺(銀閣寺)  龍安寺  本願寺(西本願寺)  二条城 



下記ボックスに周辺写真が表示されます。
写真をクリックするとマップ上に吹き出しが表示されます。

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/potosidecar2/www/kyotoisan/index.php on line 270
Wikipedia引用
西芳寺(さいほうじ)は、京都市西京区松尾にある臨済宗の寺院。天龍寺の境外塔頭である。一般には苔寺(こけでら)の通称で知られる。山号を洪隠山と称する。本尊は阿弥陀如来、開山は行基と伝え、中興開山は夢窓疎石である。「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。 伝承によれば、西芳寺のある場所は飛鳥時代には第31代の用明天皇の皇子である聖徳太子の別荘があり、太子作の阿弥陀如来像が祀られていたという。 奈良時代に至って、第45代の聖武天皇の勅願を得た行基が別荘から寺へと改めたと伝える。当初は法相宗寺院で「西方寺」と称し、阿弥陀如来を本尊、観音菩薩と勢至菩薩を脇侍とした。畿内49院の一つであった。 平安時代初期の806年には第51代平城天皇皇子である真如法親王が草庵を結び修行をしたという。また真言宗開祖である空海が入山し黄金池にて放生会を行ったという。 鎌倉時代には摂津守の中原師員が再興し、西芳寺と穢土寺に分けられた。招かれた法然によって浄土宗に改宗され、本尊は金泥にされたという。 その後に親鸞は愚禿堂を建立し寺に滞在している。

Wikipedia引用
京都(きょうと、みやこ、きょうのみやこ、英: Kyōto)は、日本の都市の1つである。 都、京とも言い、歴史的には794年に日本の首都に定められた都城・平安京で、当時は日本の政治・文化の中心地であった。 「京都」の由来 東アジアでは古来、歴史的に「天子の住む都」「首都」を意味する普通名詞として京(きょう)、京師(けいし)が多く使用されていた。西晋時代に世宗(司馬師)の諱である「師」の文字を避けて京都(けいと)と言うようになり、以後は京、京師、京都などの呼び名が用いられた。 日本でも飛鳥京や恭仁京などが京都とも呼ばれた。平安京において「京都」が、定着したのは平安後期からで、京や京師という呼び名も併用されていた。その後、次第に「京の都」(きょうのみやこ)、「京」(きょう)、「京都」(きょうと)が平安京の固有名詞のようになり、定着していった。造都当時は「北京」とも呼ばれた。対して奈良のことを「南京」と呼んでおり、以後長らく奈良の代名詞「南都」として多用された。 京都と洛陽 ・長安 京都は、古く詩文において中国王朝の都に因み、洛陽、長安などと呼ばれた。


Wikipedia API  Panoramip API を利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図  世界の観光地検索  ペット泊まれる宿・ホテル検索  奈良の世界遺産  沖縄の世界遺産