名鉄名古屋本線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




豊橋駅  伊奈駅  小田渕駅  国府駅  御油駅  名電赤坂駅  名電長沢駅  本宿駅  名電山中駅  藤川駅  美合駅  男川駅  東岡崎駅  岡崎公園前駅  矢作橋駅  宇頭駅  新安城駅  牛田駅  知立駅  一ツ木駅  富士松駅  豊明駅  前後駅  中京競馬場前駅  有松駅  左京山駅  鳴海駅  本星崎駅  本笠寺駅  桜駅  呼続駅  堀田駅  神宮前駅  金山駅  山王駅  名鉄名古屋駅  栄生駅  東枇杷島駅  西枇杷島駅  二ツ杁駅  新川橋駅  須ヶ口駅  丸ノ内駅  新清洲駅  大里駅  奥田駅  国府宮駅  島氏永駅  妙興寺駅  名鉄一宮駅  今伊勢駅  石刀駅  新木曽川駅  黒田駅  木曽川堤駅  笠松駅  岐南駅  茶所駅  加納駅  名鉄岐阜駅  



Wikipedia引用
島氏永駅(しまうじながえき)は、愛知県一宮市と同県稲沢市の境界にある、名古屋鉄道名古屋本線の駅である。 尾西鉄道が1924年(大正13年)2月15日に中村線として一宮 - 国府宮間の鉄道路線を開業した時点では島氏永駅は存在せず、付近には氏永駅と島駅が各村内にそれぞれ存在していた。これは用地買収の条件として氏永村と島村の両村がそれぞれ村内に駅を設置することを要求したことによるものだったが、両駅の駅間距離は短かった。 その後、尾西鉄道が名古屋鉄道(初代)に吸収合併されると当線は国府宮支線に改称された。名鉄はさらに清洲線丸ノ内駅から国府宮駅までの新線を敷設して名古屋(柳橋) - 一宮間を結ぶ路線(後の名岐線、現在の名古屋本線)を計画したが、すでに開通している区間には中間駅が小刻みに設置されていたため、高速運転の阻害になるとして、新線の敷設と同時に開通区間の駅が統廃合されることになった。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。