名鉄常滑線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




神宮前駅  豊田本町駅  道徳駅  大江駅  大同町駅  柴田駅  名和駅  聚楽園駅  新日鉄前駅  太田川駅  尾張横須賀駅  寺本駅  朝倉駅  古見駅  長浦駅  日長駅  新舞子駅  大野町駅  西ノ口駅  蒲池駅  榎戸駅  多屋駅  常滑駅  



Wikipedia引用
神宮前駅(じんぐうまええき)は、名古屋市熱田区三本松町にある、名古屋鉄道(名鉄)の駅である。 駅名の由来となった熱田神宮の東側に位置する名鉄主要駅のひとつ。 名古屋本線および常滑線が乗り入れており、以前より両線乗換駅としての役割を担っていたが、金山方面の複々線化による常滑線全列車の金山駅乗入れ、および金山総合駅の整備によって同駅の利便性が向上したため、乗換拠点としての役割は金山駅へと移りつつある。 ただし、運転面としては依然として重要な役割を担っている。瀬戸線を除く運転の管理を行う運転指令所が駅ビル内に併設されているほか、名古屋本線や名岐間支線などを担当する名古屋乗務区(2005年(平成17年)に名古屋運転区、名古屋車掌区を統合して発足)や知多半島方面を担当する神宮前乗務区が配置されており、一部の列車を除き運転士や車掌が当駅で交代する。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。