名鉄河和線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




太田川駅  高横須賀駅  南加木屋駅  八幡新田駅  巽ヶ丘駅  白沢駅  坂部駅  阿久比駅  植大駅  半田口駅  住吉町駅  知多半田駅  成岩駅  青山駅  上ゲ駅  知多武豊駅  富貴駅  河和口駅  河和駅  



Wikipedia引用
太田川駅(おおたがわえき)は、愛知県東海市大田町後田にある名古屋鉄道の駅。東海市の代表駅である。 当駅より、常滑線から河和線が分岐する。2003年3月から2011年12月まで、前後の線路を含めた高架化工事が行われ、2011年12月17日に3層構造の高架駅となった。特急停車駅(ミュースカイの一部も停車)である。 駅構造 3面6線で、1階がコンコース、2・3階が乗り場となる名鉄初の3層構造の高架駅である。1階には改札口、トイレ、売店、2階に1 - 4番ホーム、3階に5・6番ホームが設置される。2階ホームと3階ホームの間には、中3階が設けられ各ホームを連絡している。また、すべてのホームにエレベーターとエスカレーターが設置されている。発車標は種別部分がフルカラーで(3 - 6番線用は加えて到着列車ホーム階・金山駅先着列車案内も付加)、自動放送は種別、行先、停車駅の順に読み上げるタイプとなった。また、6+2や4+2と書かれた停車位置の標識が立てられている。 駅東側の駅前広場が2012年3月に完成した。バス乗り場は3月20日に仮駅西口付近から駅東側へ移転した。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。