名鉄瀬戸線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




栄町駅  東大手駅  清水駅  尼ヶ坂駅  森下駅  大曽根駅  矢田駅  守山自衛隊前駅  瓢箪山駅  小幡駅  喜多山駅  大森・金城学院前駅  印場駅  旭前駅  尾張旭駅  三郷駅  水野駅  新瀬戸駅  瀬戸市役所前駅  尾張瀬戸駅  



Wikipedia引用
印場駅(いんばえき)は、愛知県尾張旭市にある、名鉄瀬戸線の駅である。 尾張旭市の最西端にある。 駅の開設は瀬戸線開業当時に遡るが、第二次世界大戦中に休止され、後に廃止となった。瀬戸線開業当時には車両整備工場も併設されていた。 その後、1995年(平成7年)に周辺の宅地開発の進展に伴い復活し、再開業した。名鉄では当駅開業以来、既設路線では10年間駅を新設していなかった。駅再開業と同時に東側にあった踏切が廃止になった。 1905年(明治38年)4月2日 - 開業。 1944年(昭和19年) - 休止。 1969年(昭和44年)4月5日 - 廃止。 1995年(平成7年)12月22日 - 復活、再開業。 2006年(平成18年)8月24日 - 駅集中管理システム導入(終日駅員無配置駅となる)。 2011年(平成23年)2月11日 - ICカード乗車券「manaca」供用開始。 2012年(平成24年)2月29日 - トランパス供用終了。 駅構造 相対式2面2線ホームの地上駅。ホームの有効長は6両分相当。 駅舎は地下にあり、改札口は地下の南北自由通路に設置されている。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。