名鉄瀬戸線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




栄町駅  東大手駅  清水駅  尼ヶ坂駅  森下駅  大曽根駅  矢田駅  守山自衛隊前駅  瓢箪山駅  小幡駅  喜多山駅  大森・金城学院前駅  印場駅  旭前駅  尾張旭駅  三郷駅  水野駅  新瀬戸駅  瀬戸市役所前駅  尾張瀬戸駅  



Wikipedia引用
新瀬戸駅(しんせとえき)は、愛知県瀬戸市東横山町にある名古屋鉄道瀬戸線の駅である。 瀬戸市内にある鉄道駅で1日での乗降客が最も多い駅である。 瀬戸市の中心市街地は古くから尾張瀬戸駅周辺であったが、近年は当駅周辺に新たな市街地が形成されつつある。 1905年4月2日 - 横山駅として開業。 1935年6月1日 - 尾張横山駅に改称。 1971年 11月1日 - 新瀬戸駅に改称。 12月1日 - 駅ビル完成。 1985年3月1日 - 名鉄ストアの駅代行委託業務を解約。 1989年7月20日 - 橋上化。 2006年12月16日 - トランパス対応開始。 2011年2月11日 - ICカード乗車券「manaca」供用開始。 2012年 2月29日 - トランパス供用終了。 3月26日 - 南口連絡通路が完成。 駅構造 相対式2面2線ホームを持つ地上駅で、橋上駅舎を有している。終日有人駅で、自動券売機、自動改札機、LED簡易列車案内、エレベーターなどの設備がある。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。