名鉄瀬戸線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




栄町駅  東大手駅  清水駅  尼ヶ坂駅  森下駅  大曽根駅  矢田駅  守山自衛隊前駅  瓢箪山駅  小幡駅  喜多山駅  大森・金城学院前駅  印場駅  旭前駅  尾張旭駅  三郷駅  水野駅  新瀬戸駅  瀬戸市役所前駅  尾張瀬戸駅  



Wikipedia引用
瀬戸市役所前駅(せとしやくしょまええき)は、愛知県瀬戸市にある、名鉄瀬戸線の駅である。 駅構造 相対式2面2線ホームの地上駅。無人駅。 駅舎はトランパス導入に伴って、上り・下りホーム側それぞれに建設された。自動券売機は1台ずつで、上りホーム側の駅舎には自動精算機が設置されていない。 ホームはカーブ上にあるため、車両とホームの間が広く開いており、乗り降りの際は足元に注意が必要。このため名鉄名古屋駅のように電車の停車中は「足元にご注意ください」とアナウンスが流れる。また上り電車では、瀬戸市役所前駅到着時に足元注意を喚起する車内放送が流れる。車掌がドアの開閉を行いやすいよう、モニターが設置されている。 瀬戸線では2006年(平成18年)12月16日にトランパスの導入を予定していたが、この駅はホーム(特に下り・尾張瀬戸方面ホーム)が狭いためトランパス対応化工事(自動券売機・自動改札機の設置など)が遅れていた(瓢箪山駅も同様の理由で工事が行われていなかった)。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。