平成筑豊鉄道糸田線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。

下記ボックスに周辺写真が表示されます。
写真をクリックするとマップ上に吹き出しが表示されます。



金田駅  豊前大熊駅  松山駅  糸田駅  大藪駅  田川後藤寺駅  


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/potosidecar2/www/line/index2.php on line 286


Wikipedia引用
金田駅(かなだえき)は、福岡県田川郡福智町金田にある平成筑豊鉄道の駅である。 車両基地と平成筑豊鉄道本社があり、同社の中心的な駅となっている。伊田線と糸田線との分岐駅のため、乗務員がこの駅で交代する。 福智町内で日帰り温泉施設「ふじ湯の里」を運営する方城振興開発と、同じく福智町内で「日王の湯温泉」を運営する財団法人福智町健康交流体験協会が共同でネーミングライツを取得し、2009年4月1日より副駅名付きの駅名がふじ湯の里・日王の湯温泉金田駅となっている。 1893年2月11日 九州鉄道の駅として開業。 1903年4月1日 (貨)方城駅への貨物支線開業(分岐は金田~糒間)。 1907年7月1日 九州鉄道が国有化。官設鉄道の駅となる。 1908年3月28日 (貨)金田駅(1909年1月1日、金田炭坑駅に改称)への貨物支線開業(分岐は金田~糒間) 1909年1月1日 (貨)堀川駅への貨物支線開業。 1927年6月20日 金田炭坑駅への貨物支線廃止。 1929年2月1日 金宮鉄道(現在の糸田線)開業。 1929年6月1日 金宮鉄道が九州産業鉄道(1933年10月6日、産業セメント鉄道に改称)に譲渡。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。