広島電鉄宇品線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。

下記ボックスに周辺写真が表示されます。
写真をクリックするとマップ上に吹き出しが表示されます。



紙屋町東駅  紙屋町西駅  本通駅  袋町駅  中電前駅  市役所前駅  鷹野橋駅  日赤病院前駅  広電本社前駅  御幸橋駅  皆実町六丁目駅  広大附属学校前駅  県病院前駅  宇品二丁目駅  宇品三丁目駅  宇品四丁目駅  宇品五丁目駅  海岸通駅  元宇品口駅  広島港駅  


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/potosidecar2/www/line/index2.php on line 286


Wikipedia引用
紙屋町停留場(かみやちょうていりゅうじょう、通称:紙屋町電停)は、広島県広島市中区基町にある広島電鉄の路面電車停留場。 紙屋町交差点の東西に別々の乗り場を有し、旅客案内上は東側の乗り場を「紙屋町東(停留場)」(かみやちょうひがし)、西側の乗り場を「紙屋町西(停留場)」(かみやちょうにし)としているが、平成26年度『鉄道要覧』では両方の乗り場を合わせて「紙屋町(停留場)」としている。 1912年(大正元年)11月23日開業。東西の相生通りと南北の鯉城通りが交差する紙屋町交差点の東西に乗り場を有する。本線と宇品線の乗り換え電停であり、デルタ線を形成して本線の両方向から宇品線への乗り入れが可能となっている。 元々は旅客案内上でも「紙屋町停留場」としており、同一電停が交差点の東西に乗り場を有する形状となっていたことから、宇品線に直通しない本線の電車は「紙屋町停留場」に2度停車する形態となっていたが、紙屋町交差点の地下に作られた紙屋町シャレオ開業後の2001年(平成13年)11月1日より、東西の電停を「紙屋町東停留場」と「紙屋町西停留場」に分ける措置が執られた(この際、紙屋町交差点の横断歩道は廃止されている)。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。