紀州鉄道の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。

下記ボックスに周辺写真が表示されます。
写真をクリックするとマップ上に吹き出しが表示されます。



御坊駅  学門駅  紀伊御坊駅  市役所前駅  西御坊駅  


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/potosidecar2/www/line/index2.php on line 286


Wikipedia引用
御坊駅(ごぼうえき)は、和歌山県御坊市湯川町小松原にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・紀州鉄道の駅である。 JR西日本の紀勢本線と、紀州鉄道の紀州鉄道線が乗り入れる共同使用駅であり、JR西日本の管轄駅である。なお、紀勢本線の当駅を含む区間には「きのくに線」の愛称が制定されている。また、紀州鉄道線については当駅が起点である。 御坊市の代表駅であり、JR西日本の特急「くろしお」を含むすべての定期列車が停車し、当駅を始終着とする列車も多い、紀勢本線の主要駅である。なお、紀州鉄道紀伊御坊駅付近にある御坊市の中心部から離れた旧湯川村域に所在している。 当駅は、1929年4月の国有鉄道・紀勢西線の紀伊由良駅から当駅までの開通と共に紀勢西線の終着駅として開業し、1930年12月に国鉄紀勢西線が当駅から印南駅まで延伸された。また1931年には御坊臨港鉄道(現在の紀州鉄道)が乗り入れを開始し、分岐駅となった。 当駅はその後、1959年に現在の紀勢本線が全通し、亀山駅と和歌山駅(現在の紀和駅)との間が紀勢本線とされるとともに、国鉄紀勢本線の駅となった。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。