能勢電鉄妙見線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




川西能勢口駅  絹延橋駅  滝山駅  鶯の森駅  鼓滝駅  多田駅  平野駅  一の鳥居駅  畦野駅  山下駅  笹部駅  光風台駅  ときわ台駅  妙見口駅  



Wikipedia引用
妙見口駅(みょうけんぐちえき)は、大阪府豊能郡豊能町吉川にある能勢電鉄妙見線の駅。駅番号はNS14。 妙見線の終着駅にして、大阪府内で最北端に位置する駅である。 駅名の通り妙見山への玄関口であり、能勢妙見堂への参拝客を中心に、妙見の森ケーブルやリフトに乗り継いで山上に向かう利用客が多い。 戦前には亀岡駅と当駅(吉川)を結ぶ「摂丹鉄道」や、当駅と妙見鋼索鉄道滝谷駅(現在の妙見の森ケーブル・黒川駅)を結ぶ鉄道の計画もあったが、実現していない。 開業時は「妙見駅」を名乗っていたが、能勢妙見堂まで距離があることから、現在の「妙見口駅」に改称された。また、ホームは1面1線しかなかった。 1923年(大正12年)11月3日 - 能勢電気軌道の妙見駅として開業。 1956年(昭和31年)9月15日 - 駅舎を改築。 1965年(昭和40年) 4月1日 - 能勢妙見口駅に改称。 7月1日 - 妙見口駅に改称。 1966年(昭和41年)12月25日 - ホームを3両編成分に延長。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。