近鉄吉野線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




橿原神宮前駅  岡寺駅  飛鳥駅  壺阪山駅  市尾駅  葛駅  吉野口駅  薬水駅  福神駅  大阿太駅  下市口駅  越部駅  六田駅  大和上市駅  吉野神宮駅  吉野駅  



Wikipedia引用
橿原神宮前駅(かしはらじんぐうまええき)は、奈良県橿原市久米町にある、近畿日本鉄道(近鉄)の駅。駅長配置駅である。奈良県中南部、飛鳥地方における主要駅である。 中央口駅舎は初代新歌舞伎座の設計で有名な建築家・村野藤吾の設計。第1回近畿の駅百選選定駅。 乗り入れ路線 近畿日本鉄道 南大阪線・吉野線 駅番号はF42(通し番号になっている。) 橿原線 駅番号はB42いずれも始終着駅であるが、運転系統上では事実上橿原線のみが始終着駅である。 現駅北西の橿原神宮の前に大阪電気軌道畝傍線(広軌、現在の橿原線)の(旧)橿原神宮前駅(終点)があった。1923年(大正12年)12月、狭軌の吉野鉄道は吉野口から北進して(旧)橿原神宮前駅に乗り入れた。1924年(大正13年)、吉野鉄道は省線畝傍駅までさらに北東進し、吉野口・畝傍の双駅で省線と連絡するようになった。 一方、久米寺(寺院)の前の大阪鉄道(現在の南大阪線)線上には橿原神宮駅があり、そこから南東進して、吉野鉄道久米寺駅に乗り入れていた(現4 - 7番のりば)。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。