近鉄鳥羽線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




宇治山田駅  五十鈴川駅  朝熊駅  池の浦駅  鳥羽駅  



Wikipedia引用
宇治山田駅(うじやまだえき)は、三重県伊勢市岩渕二丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)の駅である。 1931年の参宮急行電鉄線(のちの近鉄大阪線・山田線)全通に際し、「神都」宇治山田市(1955年に伊勢市と改称)の新たな玄関口となる伊勢神宮最寄りのターミナル駅として、1930年に開かれた「御遷宮奉祝神都博覧会」の会場跡地に開設された。 当時から長距離列車の始終着駅として賑わい、また貴賓室があるため天皇をはじめとする貴賓客や、正月恒例の内閣総理大臣の伊勢神宮参拝の際の乗降駅となっている。 駅長が置かれ、櫛田駅 - 五十鈴川駅間の各駅を管理している。 乗り入れ路線 山田線と鳥羽線の2路線が乗り入れている。 どちらの路線も当駅が起終点であるが、事実上運転系統が一体化している。但し山田線からの急行や快速急行の多くは当駅で折り返し、鳥羽線へ乗り入れる場合は鳥羽駅まで各駅に停車する。 参宮急行電鉄(参急)によって現在の近鉄大阪線・山田線にあたる大阪から伊勢神宮への参拝ルートが開かれた時、当初はこの駅の工事の遅れから隣の鉄道省山田駅(今の伊勢市駅)を暫定ターミナルとした。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。