関東鉄道常総線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




取手駅  西取手駅  寺原駅  新取手駅  ゆめみ野駅  稲戸井駅  戸頭駅  南守谷駅  守谷駅  新守谷駅  小絹駅  水海道駅  北水海道駅  中妻駅  三妻駅  南石下駅  石下駅  玉村駅  宗道駅  下妻駅  大宝駅  騰波ノ江駅  黒子駅  大田郷駅  下館駅  



Wikipedia引用
黒子駅(くろごえき)は、茨城県筑西市辻にある、関東鉄道常総線の駅である。 1913年(大正2年)11月1日 - 常総鉄道開業と同時に設置。 1945年(昭和20年)3月30日 - 筑波鉄道(初代)との合併により、常総筑波鉄道の駅となる。 1965年(昭和40年)6月1日 - 鹿島参宮鉄道との合併により、関東鉄道の駅となる。 1999年(平成11年)4月1日 - 駅嘱託を解除し、無人化。 2003年(平成15年)8月22日 - 簡易駅舎(2代目)が竣工。 2009年(平成21年)3月14日 - ICカードPASMO供用開始。 駅構造 単式・島式複合の3面3線のホームを持つ地上駅で無人駅。駅舎のある側のホームにはフェンスが張り巡らされているため、事実上は2面3線となっている。ただし、最も駅舎側の線路は保線車両の留置などに使われており、旅客列車の発着には用いられない。単線区間のため列車交換が行われる。 下館方に構内踏切があり、各々のホームには待合室がある。 かつては木造駅舎だったが、老朽化に伴い取り壊され、簡易駅舎となっている。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。