関東鉄道常総線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




取手駅  西取手駅  寺原駅  新取手駅  ゆめみ野駅  稲戸井駅  戸頭駅  南守谷駅  守谷駅  新守谷駅  小絹駅  水海道駅  北水海道駅  中妻駅  三妻駅  南石下駅  石下駅  玉村駅  宗道駅  下妻駅  大宝駅  騰波ノ江駅  黒子駅  大田郷駅  下館駅  



Wikipedia引用
守谷駅(もりやえき)は、茨城県守谷市中央にある、関東鉄道・首都圏新都市鉄道の駅である。 関東鉄道の常総線と、首都圏新都市鉄道のつくばエクスプレスが乗り入れ、接続駅となっている。つくばエクスプレスの駅には「15」の駅番号が付与されている。 1913年(大正2年)11月1日:常総鉄道開業と同時に北相馬郡守谷町大字守谷字新町甲2215番地2に設置。 1945年(昭和20年)3月30日:筑波鉄道(初代)との合併により、常総筑波鉄道の駅となる。 1965年(昭和40年)6月1日:常総筑波鉄道と鹿島参宮鉄道との合併により、関東鉄道常総線の駅となる。 1983年(昭和58年)5月31日:南守谷駅 - 当駅 - 新守谷駅間が複線化される。 2004年(平成16年) 1月15日:仮駅舎営業開始。 1月19日:旧駅舎解体。 2005年(平成17年) 3月28日:常総線橋上駅舎使用開始。 4月25日:出入口の名称を決定。 6月1日:守谷駅東自転車駐車場(高架下)開設。 8月24日:つくばエクスプレス開業。守谷市大字守谷甲2566番地1につくばエクスプレス守谷駅を設置。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。