阪急千里線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。

下記ボックスに周辺写真が表示されます。
写真をクリックするとマップ上に吹き出しが表示されます。



天神橋筋六丁目駅  柴島駅  淡路駅  下新庄駅  吹田駅  豊津駅  関大前駅  千里山駅  南千里駅  山田駅  北千里駅  


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/potosidecar2/www/line/index2.php on line 286


Wikipedia引用
天神橋筋六丁目駅(てんじんばしすじ6ちょうめえき)は、大阪府大阪市北区天神橋六丁目にある大阪市営地下鉄・阪急電鉄の駅(共同使用駅)である。駅および周辺地域は、天六(てんろく)と呼ばれ親しまれている。 なお、1969年(昭和44年)までは大阪市電が、1975年(昭和50年)までは阪神北大阪線が地上に乗り入れていた。 天神橋駅 1925年(大正14年)10月17日、 新京阪鉄道が大阪側のターミナルとして天神橋駅を置いた。これが現在の天神橋筋六丁目駅の直接のルーツであり、当時の隣駅である長柄駅と共に関西初の高架駅として知られる。なお駅名は所在地の地名(天神橋七丁目)に由来するが、この地名は「天神橋筋」を端折ったものであって、橋としての天神橋は堺筋線北浜駅付近にある。 開業当初は仮駅で開業し、翌年地上7階建ての駅ビルが完成するが、この駅ビルはアメリカのパシフィック電鉄の駅をモデルにしたものと言われ、日本におけるターミナルビルの先駆として名高い。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。