JR五能線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




東能代駅  能代駅  向能代駅  北能代駅  鳥形駅  沢目駅  東八森駅  八森駅  滝ノ間駅  あきた白神駅  岩館駅  大間越駅  白神岳登山口駅  松神駅  十二湖駅  陸奥岩崎駅  陸奥沢辺駅  ウェスパ椿山駅  艫作駅  横磯駅  深浦駅  広戸駅  追良瀬駅  驫木駅  風合瀬駅  大戸瀬駅  千畳敷駅  北金ヶ沢駅  陸奥柳田駅  陸奥赤石駅  鰺ヶ沢駅  鳴沢駅  越水駅  陸奥森田駅  中田駅  木造駅  五所川原駅  陸奥鶴田駅  鶴泊駅  板柳駅  林崎駅  藤崎駅  川部駅  



Wikipedia引用
東能代駅(ひがしのしろえき)は、秋田県能代市鰄渕(かいらげふち)字下悪戸にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。 米代川南岸に位置し、能代市の中心部からは離れている。奥羽本線と五能線の2路線が乗り入れ、接続駅となっている。所属線は奥羽本線であり、五能線は当駅が起点となる。JR貨物は奥羽本線のみ第二種鉄道事業免許を有しており、当駅は同社の貨物駅でもあるが、現在はトラック便も含めて定期便の発着はない。 1901年(明治34年)11月1日 - 国鉄の能代駅(のしろえき)として山本郡扇淵村に開業。 1908年(明治41年)7月1日 - 能代町貨物取扱所まで路線が延伸。 1909年(明治42年)11月1日 - 機織駅(はたおりえき)に改称。同時に能代町駅が能代駅に改称。 1943年(昭和18年)6月15日 - 東能代駅に改称。 1986年(昭和61年)11月1日 - 荷物の取扱を廃止。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本・JR貨物の駅となる。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。