JR伯備線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




倉敷駅  清音駅  総社駅  豪渓駅  日羽駅  美袋駅  備中広瀬駅  備中高梁駅  木野山駅  備中川面駅  方谷駅  井倉駅  石蟹駅  新見駅  布原駅  備中神代駅  足立駅  新郷駅  上石見駅  生山駅  上菅駅  黒坂駅  根雨駅  武庫駅  江尾駅  伯耆溝口駅  岸本駅  伯耆大山駅  



Wikipedia引用
上石見駅(かみいわみえき)は、鳥取県日野郡日南町中石見字寺ノ前にある西日本旅客鉄道(JR西日本)伯備線の駅である。伯備線の駅の中で最も標高が高いことから、「にちなん高原の駅」との愛称を持つ。 伯備線において最も南にある米子支社管内の駅であり、隣の新郷駅からは岡山支社の管轄に変わる(営業キロ上の境界は新郷駅)。ただし、新郷駅を跨ぐ列車については米子支社側の乗務員が新見駅まで運行を担当する。 1924年(大正13年)12月6日 - 伯備北線(現在の伯備線)が生山駅から延伸した際に、その終着駅として開業。 1926年(大正15年)12月1日 - 伯備北線が足立駅まで延伸、途中駅となる。 1928年(昭和3年) 10月25日 - 伯備北線が伯備線の一部となり当駅もその所属となるが、同日より当駅から足立駅方面の列車運行が休止。 11月25日 - 当駅以南の運行再開。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道の駅となる。 駅構造 島式・単式の複合型2面3線のホームを持ち、行違い及び待避が可能な地上駅。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。