JR八戸線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




八戸駅  長苗代駅  本八戸駅  小中野駅  陸奥湊駅  白銀駅  鮫駅  陸奥白浜駅  種差海岸駅  大久喜駅  金浜駅  大蛇駅  階上駅  角の浜駅  平内駅  種市駅  玉川駅  宿戸駅  陸中八木駅  有家駅  陸中中野駅  侍浜駅  陸中夏井駅  久慈駅  



Wikipedia引用
八戸駅(はちのへえき)は、青森県八戸市大字尻内町字館田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・青い森鉄道の駅である。なお、八戸市の中心部からは5km程離れた郊外に位置しており(八戸市中心部への最寄り駅は当駅からJR八戸線で二つ先の本八戸駅)、開業時から1971年までの80年間は「尻内駅」と名乗っていた。 乗り入れ路線 JR東日本の東北新幹線と八戸線、青い森鉄道の青い森鉄道線が乗り入れており、接続駅となっている。なお、日本最東端の新幹線駅であり、北海道新幹線の終点予定駅である札幌駅よりも東に位置する。 もともと当駅はJR東日本の単独駅であったが、2002年12月1日に東北新幹線が当駅まで延伸したことにより、JR東北本線の目時駅 - 当駅間は青い森鉄道に移管された。その時点では当駅 - 青森駅間は東北本線として残ったが、この区間も2010年12月4日に東北新幹線が新青森駅まで延伸したことで青い森鉄道に移管され、現在の形へと至った。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。