JR函館支線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




大沼駅  池田園駅  流山温泉駅  銚子口駅  鹿部駅  渡島沼尻駅  渡島砂原駅  掛澗駅  尾白内駅  東森駅  森駅  



Wikipedia引用
大沼駅(おおぬまえき)は、北海道亀田郡七飯町字大沼町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はH68。電報略号はオマ。 かつては急行「ニセコ」(上り)の停車駅だったが、現在は普通列車のみ停車する。 1903年(明治36年) 6月28日:北海道鉄道本郷駅(後の渡島大野駅)- 森駅間延伸開通に伴い大沼駅として開業。一般駅。 月日不詳:小沼の採氷事業が開始され、冬期間に駅裏氷庫から貨車積みされた。 1907年(明治40年)7月1日:北海道鉄道国有化により、官設鉄道の駅となる。 1909年(明治42年)10月12日:線路名を函館本線に制定、それに伴い同線の駅となる。 1918年(大正7年)2月:駅舎改築。 1920年(大正9年)6月15日:軍川駅(いくさがわえき)に改称。同時に大沼公園駅が大沼駅(2代)となる。 1926年(大正15年)11月:4番線設置。 1945年(昭和20年)6月1日:函館本線(支線)当駅 - 渡島砂原駅間が開通。 1949年(昭和24年)6月1日:日本国有鉄道法施行に伴い、日本国有鉄道(国鉄)に継承。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。