JR函館支線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




大沼駅  池田園駅  流山温泉駅  銚子口駅  鹿部駅  渡島沼尻駅  渡島砂原駅  掛澗駅  尾白内駅  東森駅  森駅  



Wikipedia引用
渡島砂原駅(おしまさわらえき)は、北海道(渡島総合振興局)茅部郡森町砂原4丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線(通称:砂原支線)の駅である。駅番号はN66。電報略号はオラ。 前身は渡島海岸鉄道の砂原駅(さわらえき)であり、同鉄道の国有化に伴い現在地に移転し、改称した。 1927年(昭和2年)12月25日:渡島海岸鉄道東森仮駅 - 砂原駅間開通に伴い砂原駅開業。現在とは別の場所に位置した。 1945年(昭和20年)1月25日:渡島海岸鉄道国有化に伴い国有鉄道函館本線の駅となり、新線上に渡島砂原駅として再開業。一般駅。 1949年(昭和24年)6月1日:日本国有鉄道法施行に伴い、日本国有鉄道(国鉄)に継承。 1961年(昭和36年)1月1日:貨物扱い廃止。 1984年(昭和59年) 2月1日:荷物扱い廃止。 11月1日:無人化。簡易委託駅(駅舎内で発券)となる。 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化に伴い、北海道旅客鉄道(JR北海道)に継承。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。