JR南武支線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




尻手駅  八丁畷駅  川崎新町駅  小田栄駅  浜川崎駅  



Wikipedia引用
尻手駅(しってえき)は、神奈川県川崎市幸区南幸町三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)南武線の駅である。 南武線の本線のほか、浜川崎駅方面の支線(浜川崎支線、旅客案内では「南武支線」)、および新鶴見信号場への支線(尻手短絡線、貨物列車専用)が当駅から分岐している。 当駅は川崎市内にあるが、運賃区分上は横浜市内の駅として扱っている。これは、南武線の川崎駅から稲田堤駅までのうち、矢向駅のみ横浜市(鶴見区)であり、中心駅(横浜駅)から矢向駅に行く途中の川崎駅と当駅も「横浜市内」に加える方が合理的だからである(なお、当駅から発着する支線の八丁畷・川崎新町・小田栄・浜川崎の各駅や、さらに浜川崎で接続する鶴見線全線も横浜市内エリアの扱いがされている。)。「横浜市内」の詳細は特定都区市内を参照。 1927年(昭和2年)3月9日 - 南武鉄道線川崎駅 - 登戸駅間の開通時に尻手停留場として開業。 1929年(昭和4年)頃 - 駅に昇格、尻手駅となる。 1930年(昭和5年) 3月25日 - 貨物支線が浜川崎駅まで開業。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。