JR大船渡線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




一ノ関駅  真滝駅  陸中門崎駅  岩ノ下駅  陸中松川駅  猊鼻渓駅  柴宿駅  摺沢駅  千厩駅  小梨駅  矢越駅  折壁駅  新月駅  気仙沼駅  鹿折唐桑駅  上鹿折駅  陸前矢作駅  竹駒駅  陸前高田駅  脇ノ沢駅  小友駅  細浦駅  下船渡駅  大船渡駅  盛駅  



Wikipedia引用
一ノ関駅(いちのせきえき)は、岩手県一関市駅前にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。 東北新幹線と、在来線の東北本線および大船渡線が乗り入れており、接続駅となっている。在来線における所属線は東北本線であり、大船渡線は当駅が起点である。なお、東北本線のみJR貨物の第二種鉄道事業の路線でもある。 東北本線は当駅を境に仙台方面と盛岡方面に運転系統が分離されているため、寝台特急や臨時列車を除き、当駅を跨いで運行する旅客列車はない。なお、両方面同士の接続はあまり考慮されておらず、比較的長い待ち時間となることがある。また、運用される701系電車は、当駅を境に車体側面に貼付されているラインカラーの異なる車両が運行されている。 1890年(明治23年) 4月16日 - 日本鉄道の駅として開業する(一般駅)。 4月26日 - 「あべちう」の構内営業が許可される。 1897年(明治30年)4月1日 - 「斉藤松月堂」の構内営業が許可される。 1906年(明治39年)11月1日 - 日本鉄道が国有化され、国有鉄道の駅となる。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。