JR小野田線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。




小野田駅  目出駅  南中川駅  南小野田駅  小野田港駅  雀田駅  長門長沢駅  妻崎駅  居能駅  宇部新川駅  浜河内駅  長門本山駅  



Wikipedia引用
小野田駅(おのだえき)は、山口県山陽小野田市大字東高泊にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅である。 山陽本線を所属線としており、当駅が終点となる小野田線を加えた2路線が乗り入れる。山口地域鉄道部が管轄する駅では最も西にある。 1900年(明治33年)12月3日 - 山陽鉄道 三田尻駅(現・防府駅) - 厚狭駅間の開通と同時に開業。旅客・貨物の取扱を開始。 1906年(明治39年)12月1日 - 山陽鉄道の国有化により国有鉄道の駅となる。 1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称制定。山陽本線の所属となる。 1915年(大正4年)11月25日 - 小野田軽便鉄道がセメント町駅(現・小野田港駅)まで開業。国有鉄道との共同使用駅となる。 1923年(大正12年)6月25日 - 小野田軽便鉄道が小野田鉄道に社名変更。 1943年(昭和18年)4月1日 - 小野田鉄道が国有化し小野田線となり、国有鉄道単独駅に戻る。 1947年(昭和22年)10月1日 - 線路名称改定。小野田線が宇部西線に編入される。 1948年(昭和23年)2月1日 - 線路名称改定。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。