JR石勝線の路線図





下記、駅名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。

下記ボックスに周辺写真が表示されます。
写真をクリックするとマップ上に吹き出しが表示されます。



南千歳駅  追分駅  川端駅  滝ノ上駅  新夕張駅  占冠駅  トマム駅  新得駅  


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/potosidecar2/www/line/index2.php on line 286


Wikipedia引用
南千歳駅(みなみちとせえき)は、北海道千歳市平和1388-2にある北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅。駅番号はH14。電報略号はミセ。 日本国有鉄道(国鉄)初の空港連絡駅(千歳空港駅)として開業。国鉄の鉄道を空港を介して航空機と連帯運用する「鉄空一貫」思想への転換によるもので、建設予定だった石勝線信号所を駅に格上げした。駅・千歳空港旅客ターミナルビルの間には国道36号を跨ぐ全長248m、幅5mの連絡歩道橋が日本国内で初めて設置された(現在は国道を跨ぐ部分以外は撤去されている)。 1992年(平成4年)、新千歳空港の供用開始に伴って新旅客ターミナルビルが開業。旧旅客ターミナルビルは廃止となり駅名も南千歳駅と改称された。以後千歳線本線・新千歳空港駅への支線・石勝線の結節点としての役割を担っており、特急列車が全列車停車する主要駅となっている。新旅客ターミナル開業後に旧ターミナルビルは商業施設NEWSとして活用していたが、営業不振によって閉鎖・解体となった。 利用可能な優等列車 昼行列車 特急「スーパーおおぞら」 特急「スーパーとかち」 特急「北斗」・「スーパー北斗」 L特急「すずらん」 快速「エアポート」 1980年(昭和55年)10月1日:日本国有鉄道(国鉄)千歳線の千歳空港駅として開業。

路線図ナビへ戻る


HeartRails Express   Wikipedia API   Panoramip API を利用しています。