唐招提寺@奈良の世界遺産 地図





下記、地名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。

東大寺  興福寺  春日大社  元興寺  薬師寺 
唐招提寺  平城宮跡  春日山原生林 



下記ボックスに周辺写真が表示されます。
写真をクリックするとマップ上に吹き出しが表示されます。

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/potosidecar2/www/naraisan/index.php on line 273
Wikipedia引用
唐招提寺(とうしょうだいじ)は、奈良市五条町にある鑑真が建立した寺院。南都六宗の1つである律宗の総本山である。本尊は廬舎那仏、開基(創立者)は鑑真である。井上靖の小説『天平の甍』で広く知られるようになった中国・唐出身の僧鑑真が晩年を過ごした寺であり、奈良時代建立の金堂、講堂を始め、多くの文化財を有する。 唐招提寺は1998年に古都奈良の文化財の一部として、ユネスコより世界遺産に登録されている。 『続日本紀』等によれば、唐招提寺は唐僧・鑑真が天平宝字3年(759年)、新田部親王(天武天皇第7皇子)の旧宅跡を朝廷から譲り受け、寺としたものである。寺名の「招提」は、サンスクリット由来の中国語で、元来は「四方」「広い」などの意味を表す語であったが、「寺」「院」「精舎」「蘭若」などと同様、仏教寺院(私寺)を指す一般名詞として使われていた。つまり、唐招提寺という寺号は、「唐僧鑑真和上のための寺」という意味合いである。 鑑真の渡日と戒律の伝来 鑑真(688年 - 763年)の生涯については、日本に同行した弟子の思託が記した『大和上伝』、それを基にした淡海三船の『唐大和上東征伝』、寺に伝わる絵巻物『東征絵伝』、井上靖の『天平の甍』などに詳しい。

Wikipedia引用
奈良(なら)は、日本国の発祥とされる歴史的地名である。 異表記として那羅・平城・寧楽などがある(読みは全て「なら」)。平安京(京都)に都が遷った後は南都(なんと)とも呼ばれた。古くは大和と呼ばれ、また平城京にも相当した。 平城京が置かれていた奈良時代には、シルクロードの終着点として国際色豊かな天平文化が花開き、大伽藍が建ち並ぶ都として数々の貴重な文化財が創り出された。国宝建造物数は日本最多である。文学の面では古事記、日本書紀万葉集風土記など国内最古の史書や歌集が編纂された。平安京への遷都以後も南都と称されて、日本の宗教・文化の歴史において大きな影響を与えた。現在は年間を通して新旧の行事で賑い、国際観光文化都市として国内外から多数の観光客が訪れている。2010年(平成22年)には平城遷都1300年記念事業が開催された。 表記 平安時代以前には多くの異表記があった。出典の一部も添える。 乃楽 : 日本書紀 乃羅 平 : 万葉集、 平城 : 万葉集、続日本紀、日本後紀、日本霊異記、平安遺文 名良 : 万葉集、 奈良 : 万葉集、続日本紀、日本霊異記、正倉院文書、長屋王家木簡、平安遺文 奈羅 : 日本書紀、日本霊異記 常 : 万葉集 那良 : 古事記 那楽 那羅 : 日本書紀 楢 : 万葉集、 諾良 : 聖徳太子平氏伝雑勘文 諾楽 : 日本霊異記 寧 寧楽 : 万葉集 儺羅 : 日本書紀 語源 奈良の語源を巡っては諸説あるが、比較的知られているものを挙げる。


Wikipedia API  Panoramip API を利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図  世界の観光地検索  ペット泊まれる宿・ホテル検索  京都の世界遺産  沖縄の世界遺産