園比屋武御嶽@沖縄の世界遺産 地図





下記、地名をクリックすると、Googleマップに吹き出しが表示されます。
また、WikiPediaの情報が表示されます。

今帰仁城跡  座喜味城跡  勝連城跡  中城城跡  首里城跡 
園比屋武御嶽石門  玉陵  識名園  斎場御嶽 




下記ボックスに周辺写真が表示されます。
写真をクリックするとマップ上に吹き出しが表示されます。

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/potosidecar2/www/okinawaisan/index.php on line 273
Wikipedia引用
園比屋武御嶽(そのひゃんうたき)は16世紀の琉球王国・尚真王時代の御嶽で、沖縄県那覇市首里真和志町一丁目に位置する。沖縄県指定史跡。 石門の背後にある森が園比屋武御嶽である。この御嶽は国王が各地を巡航する旅に出る際必ず拝礼した場所であり、また聞得大君が就任する時にまず最初に拝礼した、いわば国家の聖地だった。王家尚氏ゆかりの島である伊平屋島の神「田の上のソノヒヤブ」を勧請し、祭っている。もともとは今よりも広範な森であったが、現在では小学校の敷地となっている部分もあり、残されているのは一部である。 首里城歓会門と守礼門との間にある園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)がこの御嶽の礼拝所である。園比屋武御嶽石門は、1519年に第二尚氏王統第3代王の尚真のときに造られた。オヤケアカハチの乱(1500年)で王府軍が八重山へ出兵した際に、将の一人であった大里親方に見込まれ首里に連れてこられた西塘により創建されたという。 1933年1月23日旧国宝に指定されたが、沖縄戦の戦禍によって王城などとともに荒廃し、指定解除。

Wikipedia引用
沖縄県(おきなわけん)は、日本の南西部、かつ最西端に位置する県。東シナ海と太平洋(フィリピン海)にある363の島からなる県で、海上輸送路(シーレーン)の要点である。県庁所在地は、沖縄本島の那覇市。#気候で詳述するが一般にはおおよそ亜熱帯とされる気候であり、一部は熱帯に属する。日本の中では年間を通して温暖な気候であり、また最高気温と最低気温の差も小さい。だが、平均的には最高気温自体はさして高いものではない。 かつては琉球王国が存在し、清に朝貢すると同時に、薩摩藩にも従っていた。明治時代より日本に編入される。第一次世界大戦ではドイツ帝国から切り取った海底ケーブルがつながれた。太平洋戦争(大東亜戦争)では米軍が空爆と艦砲射撃の後に上陸し、『「唯一の地上戦」と呼ばれる』沖縄戦が県民を巻き込んで行われ、多数の犠牲者を軍民より出した。沖縄戦後1972年までアメリカの占領統治下におかれた。1950年代半から復帰までは核兵器も配備され、2016年現在も多数の米軍基地が存在する。 以上の歴史的、地理的、政治的背景が常識的な程度で原因となって、他の府県(本土、内地と呼ばれる)に比べ特色のある文化(伝統芸能・儀礼・宗教・習俗・風習・郷土食)を持つ県となっている。


Wikipedia API  Panoramip API を利用しています。
E-Mail  xml 総合サイト CocoaLiz
路線図  世界の観光地検索  ペット泊まれる宿・ホテル検索  連想書籍検索  京都の世界遺産  奈良の世界遺産